何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2017年07月07日

【ヒント・アイディア】マイクロモータの修理方法(たむちん様情報)

 備忘録的に。ツイートは「流れて見えなくなる」もんですから。




 マイクロモータは1990年代のレゴ部品(最後の採用が1999年ころ)。極小型のモータ。ただ、回転はゆっくり且つトルクもそれほどないので動力用には使えません。何らかの小規模なアクション用です。もちろん、PF延長ケーブル(現行品)の9V接続側に接続するとPF環境でも使用可能です。

 で、これ、壊れやすいのです。不動のジャンク抱えてる読者諸兄の方もいらっしゃるのでは?
 全ての故障原因がたむちん様のと同様とは限りませんが、分解が可能であるのは光明です。

 余談ですが、9Vトレインモーターも若干の破壊を伴えば(苦笑。表からは分かりません)、分解修理は可能です。中身をPFトレインモータにスワップしてハイトルク化はいつかやってみたいんですけどね(笑)。



 此方は割と知られてる? 9Vケーブルの修理方法。
 9Vケーブルは製造ロットによって加水分解で被覆がボロボロになります。自分で修理できるのは重要な事です。

 やはり9Vトレインのフィーダーケーブル(線路とスピードレギュレータつなぐケーブル)も分解修理可能です。諦めないで!

(関山は諦めて、レールに直にハンダ半田付けしちゃったりしました。まぁ9Vレールは割とハンダ乗るので何とかなりますけど)
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒント・アイディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック