何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2017年07月02日

【作品紹介】レゴ5udon様の山手線シリーズの進捗。103系・205系・E231系

 なんと、同時に4種展開の模様です。
 完全実現はもう少し先かもしれませんが、何れが先行するにしても楽しみな作品です。


 103系。側面が此処までできてきたようです。
 
 車体は6幅+プレート2枚分(6.8幅分。要は7幅未満)です。
 先例はありますが(ルビー氏の701系)、6幅とも7幅とも違う、不思議なスケール感が生まれます。しかし、7幅の精細感というメリット。6幅の密度感というメリットを得ておりますね。なにより、6幅の世界観に共存できるのが最大の利点でありましょうか。

 車体の左右側面で1プレートづつはみ出す部分は屋根では覆わず、敢えて此処を「雨樋」に見立てるのも巧いです。


 ドア窓と戸袋窓はパネル側面。


 こちらは205系。やはり6幅+プレート2枚分の車体です。

 103系に随所が揃えてあり、整合性も高いのですね。
 また、ドアと窓の割付は先行のE233系(京葉線)と揃えたものでもあるようです。

 軽量ステンレス車体(1980年代の、リブの少ないステンレス車体)の表現に、レンガブロックの裏面使っているのもユニークな表現でしょう。205系であったり、また元祖と言える東急8090系や9000系などに使える手法です。


 そして、E231系。
 7幅+プレート2枚分、そして裾絞りの車体は、奥のE233系に揃えられたもの。

 3ドア化することで、現実的な寸法に収めているのもE233系に共通します。
 

 7幅のリアルな、そして3線式Oゲージ的なディフォルメ感・重量感も漂う山手線たち。遠からぬ日の、実現が楽しみでありますね。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック