何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2017年06月16日

【作品紹介】ryokushakuma様の700系「ひかりレールスター」異色の新幹線?


 700系「ひかりレールスター」は、2000年に投入された山陽新幹線区間のみの「ひかり」号専用編成。グリーン車なしモノクラス8両。但し指定席は2+2シートで、4人用コンパートメントも持つユニークな新幹線でした。
 全盛期は毎時2本程度の設定がなされていたものの、九州新幹線の開業により「さくら」が設定されたことで置き換えがすすみ、現在「ひかりレールスター」は僅かな本数のみの設定となってしまいました。

 車両、700系7000番台車の多くは「こだま」に運用されています。700系自体が現在東海道区間からは消滅しかかっている現状ではありますが、山陽区間では未だ500系も「こだま」用に健在ですので、レールスターは未だ暫くは活躍が拝めそうです。とはいえ車齢17年は新幹線としては長い方なのですが(こだま運用は負荷小さいので長生き出来るみたいですけども)。

 カラーリングはグレー地に、黄色帯という独特のものです。
 前頭部形状は700系と同じなのですが、塗り分けの違いで随分印象が異なって見えたものです。


 メーカー公式写真? ryokuchakuma様の撮影です。
 思えば、ryokuchakuma様の西方面の新幹線作品というのも初めてですね。

 何時もの7幅ですね。それゆえに幅広感……重心の低さを感じさせるのは300系以降の新幹線では嬉しい配慮。側窓は(写真では分かりにくいですが)横組です。

 新幹線なのに新灰色、というインパクトはレゴですとなお強烈です。
 思えば白ベース以外の新幹線って少数派ですものね(山形新幹線400にE4、九州新幹線用N700系程度?)。



 前頭部。
 700系の前頭部はかなり癖の強いものであり、賛否も割れるものでしたね。
 
 上手く適度な美化アレンジを含めた表現ができていましょう。美化とは申しましたがリアルは損ねていない。実車を一番かっこよく見えるアングル(700系にはあります!)を切り取ったアレンジと申せましょう。

 7幅ならではの、運転台周りの肉増しも良い効果です。平面から立体を作り出す、レゴならではの造形でもあります。

 先頭台車のスカートが嬉しい。また先頭台車のみ新灰色の車輪使っているのも注目です。



 JBFでの活躍の様子から。
 先ずは側線待機中。


 中間車。


 真正面という厳しいアングルからにも耐える「顔」ですよね。
 

 サイドビュウは美しい。
 神戸の街を見上げて疾走です。

 実物は、神戸の山の中をトンネルで突っ切っていくのですけども。


 シックというか。渋い配色なのですね。
 
posted by 関山 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック