何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2017年06月14日

【その他】あぁ自分が観たかった「レゴ・ムービー」! たけざき様の「レゴジラ襲来」

 JBF2017のストップモーションアニメコンテスト、忙しくて見る機会を逃してしまったのですが、その優勝作がyoutubeに揚げられています。



 動画見られる環境なら、何も考えずに、観てください。

 ストップモーション・アニメーションというのが膨大な手間を要する映画です。
 レゴは組換自由であり、またミニフィグは自由可動かつ差し替えも自在……ではありますけど、ストップモーション故の膨大な手間は何ら変わりません。

 制作10ヶ月とのことです。
 その手間を十分に感じることのできる、執念の作品。

 作者の特撮愛・レゴ愛を感じます。
 

 さて。
 2014年公開の映画「レゴ・ムービー」は、ストップモーション「風」のCGアニメーション作品でした。いや、作品自体は超傑作だったのですが。

 でも、出来ることならストップモーションを使ったムービーを観たかった!

 その夢を叶えてくれてる作品でもあるのですよ。

 以下キャプチャ。


 逃げるモブシーン。撮影にかかる手間を考えますと……。全員を動かしてるんですよ!


 レストランの窓からの見下ろしシーン。


 空撮。ヘリはそれっぽく動いてます。
 そして、細かく作られた空撮用ミニチュア。


 兵器はポポ様(SS社)設計の架空現代兵器ですが、十分に自衛隊らしいですね。
 現代西側のイメージ強いポポ様の路線がうまく合致。

 そして。この両数を揃えられたことに驚かされます。
 この台数が「動いて」いるのです。


 ああ特撮愛を感じる角度。


 ミニチュアセットにおけるゴジラ。ヘリの回しかたがすごく巧いのです。良い空中戦シーンに。


 攻撃エフェクトも見逃せません。
 アニメーションとして、すごく心地よい動きなのです。

 たけざき様、野良のプロ?
 レゴという素材で此処までの自主制作特撮・自主制作アニメーションが制作できることにひたすら驚かされ、ゴジラの如き脅威と神めいたものを感じたのでした。
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | LEGOニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック