何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2017年05月15日

【作品紹介】yamatai様のE231系電車(CAD) 前面のみの絞りこみ

 JRの近郊型などの電車をある程度リアルに作ろうとすると、車体裾の絞込という問題が起こります。7幅以上では無理なく再現できるものの、6幅では「割愛する」のが一つの正解では有り続けました。実際、半流線型の国鉄型(113系など)では違和感もありませんでしたし。

 ただ、JR形で結構な数的ボリュームのある形式。E231系電車の平面前面では?
 あの電車、まっ平らであるがゆえに、車体裾絞りは結構目立つのですよね。

 かと言って、6幅車体での1プレートの絞込はややオーバーな表現になってしまう懸念もあります。コストや工数の問題をさておいても。


 yamatai様のこの処理は、一つの回答かもしれません。
 目立つ最前部の1ブロック分のみを、絞込形状にする。これでE231系らしい顔と、違和感のない側面が両立していましょうか。無論、コストや工数のメリットも!

 前面の取ってつけた感は、近年のステンレス車の場合は「却ってリアル!」なのも大きいですね(実物もお面を貼り付けてるのですから)。額縁顔の1プレート分の張り出しも車体幅の表現として寧ろ自然では有ります。

 全長は32ポッチに、上手く4ドアを割り付けています。ただ、側窓はもう1プレート上下方向に大きい方が良いかもしれません。横組の上か下に、トランスブラックのプレートかタイルで継ぎ足ししてあげると、実物の窓枠感も付与できるかも?

 また、今回は近郊タイプですが、通勤タイプへの応用も出来そうです。
 今の首都圏を語る上で無視できないE231系。完成度の高いモデルの登場が待たれるところですが、この提案、役立ちそうですね。
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック