何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2017年03月08日

【作品紹介】クロック様のリニア試作車 MLX01形 究極の造形美

 もちろん、レゴのモデルは通常のレール走行前提です。
 それでも、この題材へのチャレンジは刺激的なものです。

 JR東海のMLX01形は1996年に投入されたリニアモーターカーの試作車。2012年ころまで山梨の実験線で数多くの試験をこなす。そして、多くの人々を試乗させ、その実用性を示したのです。先頭車が4両と中間車が3両。後に別形状の先頭車1両と中間車1両を増備。合計8両の構成となっていました。試験内容に合わせて適宜組み換え行なっていたそうですが、そういうところも実用の電車としての雰囲気を感じます。

 「リニア・鉄道館」ではMLX01-01が展示されています。その車内も公開されていますが、未来的というよりは新幹線同様の、地に足の着いたものになっていたのが印象的でした。

 現在、試作車の役目は、更に実用車に近いL0系に譲っています。
 


 クロック様のモデルは「リニア・鉄道館」のMLX01-01を再現。
 ダブルカスプ形と言われるものです。当時の700系新幹線と共通するラインですが、リニアのほうがより無理なく構成されている感が。

 最初は違和感のあったこの形状も、今の目で見ると色褪せない斬新さ、そして実用美に見えてきます。

 クロック様の再現も、ほぼ完璧なもの。
 難しい造形で、かつ厄介な塗り分けなのに。隙間を埋めつつ、しかし時には隙間も大胆に肯定する。後者あっての「自然な軽快感」でもあるのですね。


 2両編成での再現です。片方が動力車となるのでしょうが、形状的にその辺が全くわからないのですね。サイドスカート?はリニアの軌道ではわかりにくいところですが、地上線?走行では重要な要素。ここも無理なく8幅に収めて居る模様。

 城壁パネルの、角のところを使っているのが印象的。


 真正面より。ラインが綺麗につながる。
 今回は両方共ダブスカスプ形です。MLX01-01とMLX01-04の再現ってことで良いのでしょうか。


 側面。側窓サイズが2x1。ブロックじゃなくてプレート単位での話です。
 これもまたリニアらしさに。

 妻部にはPF受光部が出ており、やっと「走行対応なんだ」と認知できる感。それほどに妥協なき造形を感じるのです。この作品は。




 ユニークな縦開きプラグドアも再現されています。隙間は全体としてみると気にならず、それよりは静止時・展示時の演出としてドア開閉ギミックが大事でしょう。


 製作途中(前頭部試作)の様子。
 この地点ですでに完成度高し。然し、色を整える・揃える以上の微小な改良も何箇所か? 丁寧な作品です。

 さて。
 ここ迄魅せられると、エアロウエッジ形の先頭車MLX01-02及び03。はたまた超ロングノーズのMLX01-901辺りも造って組み換えして遊んでみるのもマニアックで楽しそう。
 中間車もショート(MLX01-11および12)とロング(MLX01-21および22)があるわけですし。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック