何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2017年03月05日

【鉄道作品日本形】戦後生まれの流線型 西鉄1300形電車 製作中

 20系を作りつつ浮気しちゃって恐縮。でも、同じ「青い」車両です(笑)。

 西鉄1300。メジャーとはいえない題材ですが、要は流線型の私鉄電車。
 国鉄モハ52などと酷似した形状なのですが、この車は戦後も落ち着いてきた1951年の生まれで当時は600形。湘南顔大流行の時代ゆえ、やや古臭い?印象は当時からあったようですが。それでも変形した吊り目型の4枚窓はユニークなものでした。
 1961年に特急用の1300形に改造され、1975年まで特急として活躍。1986年に退役。


 まず前頭部から。レゴとしての造形は……モハ52の二番煎じというのはご勘弁を。
 ただ、前面の斜めに下がった帯処理がやや面倒。ここは翼を広げた形状のヘッドマークでごまかす。
 また前面窓の「吊り目」には難儀しました(結局、安直な方法に逃げました)。やや垂れ目っぽいのは造形ゆえの已むを得なさ。

 ただ、おでこのラインはこれまでの流線型電車作の中でも綺麗にできた方と自負。


 鮮烈なのはカラーリング。
 原色に近いコバルトブルーに黄色帯。この色は同じ時代の特急車1000形(湘南顔)とともに制作意欲を刺激します。青に黄帯って意外と鉄道車両では見られない配色なんですよね。国鉄の事業用車位か。でも、大好き。

 このお題も長く無理と思ってましたが、モハ52や名鉄3400系を実現したところで、ようやく目鼻ついちゃった感じです。
 側面もいつもの関山電車。ただ、毎度お馴染みだからこそ如何に個性を狙うか?(技術的蓄積とでも言えましょう?)
 最終目標は中間車2両の4両編成。中間車が建造年代違って不揃いな編成ゆえ、それはそれで楽しめそうです。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道作品(日本形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック