何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2017年01月09日

【作品紹介】6n2b2c様のDE10形ディーゼル機関車。ひと味違う!細マッチョ?

 DE10形ディーゼル機関車は数こそ激減していますが、かつては日本最大両数を誇る万能・汎用ディーゼル機関車でした。
 入換や支線での使用はもちろん、本線区でも小貨物や保線に。
 そして急行列車や特急列車の牽引まで。

 レゴ界隈でも、作品数は少なからず。一家に一両?

 そのDE10を、ちょっと違う味で解釈されてきたのが6n2b2c様の新作です。


 ほぼ5幅のボンネット。
 DD51やDE10等のボンネットを4幅で作ると痩せた印象になり、実物の力強さ・重量感がスポイルされてしまいます。これまでも4幅+プレート2枚などのパターンも有りましたが、本作は思い切って5幅ボンネット。決してでぶっちょではなく、適度なバランスにも見えます。マッチョよりのディフォルメという趣でも。
(マッチョというのは肯定的意味で、です)

 レール付きプレート使ったグリルなど、ディテールが濃い目の味付けなのも印象的ですね。
 ボンネット前端もカーブスロープ使った、まろやかでスマートなもの。ヘッドライト部に巧くつなげます。そしてヘッドライトも1x1クリアプレを裏向きで使うことで、国鉄ディーゼル機関車のライトケース表現としていますが、これ、ベストに近い表現かも?

 手すりなど、ディーゼル機関車のキモも抑えてます。ボンネット側面の手すりも好ましい表現。キャブ側面表示灯!


 力強い。重量感のあるサイドビュウ。

 濃口のディテールは側面でも生きています。足回りは3軸台車(A・A・A側)を軸間にバネ表現してるのが効いていますね。これだけで俄然DE10らしく見えますので。無論、DE10などは内側台車枠で車輪が露出しておりますので、テクニック軸の独立車輪使うべきかもしれませんが、この表現あれば通常の車輪でもイケると思うのです。

 ただ、キャブ廻りが形状・ディテールともあっさりめなのはやや残念。
 ここが凝ってくると(窓の斜めとか、キャブサイドのディテールとか)、全体のバランスも良くなってくることでしょう。

 なお、1枚め写真でも分かりますが、現状電池boxは内蔵せず、外部電池を貨車に積んでの運用となっているようです。ボンネット部分に頑張れば電池は入りそう? その改良も期待したいですね。


 このアングルから見ると、日本型らしいスマートさも感じられます。
 如いて申せば、細マッチョ?

 定番ディーゼル機関車、DE10のニュースタイル。
 こうした「進化」があること、違った表現が生まれてくるのがこの世界の楽しさでありましょう。



 走行動画。
 先のクモハ12と一緒に♪ 鶴見線の大川支線とか、DEが貨物牽いてたこと思い出されます。茶色の旧型国電と、赤いディーゼルは良いコントラストを為していたのでした。


 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック