何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2016年12月14日

【イベント】12月10日 第15回あおなみ線運転会「育っていくレイアウト」(下)

 去る12月10日(土)。恒例のあおなみ線運転会のレポート続き。

 前回記事:「育っていくレイアウト」(上)


 会場内の掲示。ご安全に!




 名古屋な あおなみ線と北九州の くろかね線。ひらがな4文字の路線名が似てますよね?
 東京にも りんかい線が有りますが。

 余談ですが、あおなみ線は貨物線兼用区間もあり、DD51やDE10、EF64やEF66もガシガシやってくる産業鉄道でもあります。


 なし様の新作、新日鐵八幡E8500。


 Dumi様のあおなみ線も板についてきました。ここでは一番の人気です。
 あと7幅フルなので、AP氏作品の多くとスケールも揃います。


 成長するレイアウト……というと、建物の追加も見逃せません。ケーブルが出ているのはカメラの収容を兼ねているため。実用性も素晴らしい。これは保線の詰所でしょうか?


 大きなビル。屋上の作り込みは、上から見下ろす模型だと重要です。
 やはりケーブルが出ており、カメラを隠す。




 トラス橋のこのアングルは見せ場の一つ。
 ラージスケールならではの迫力も感じられましょう。


 終盤は高速列車篇。でぃるてぃっく様のHSTは試作量産混結の7連。2M化されており順調な運用です。余談ですが英国型は高ホームですので、案外日本型ストラクチャーと相性がよいんですよね。




 HST試作車側から。怪しげな顔が堪りません。
 そして、線路際の小物や信号が良い雰囲気を作り出す。車両限界の測定ゲージは英国の鉄道シーンでも見られそうですね。


 量産車側を先頭に。
 実物はカラバリも豊富。いつか各鉄道バージョン揃うこと期待してます。




 やはり、このアングルが良い!
 動力車・客車とも解像度の上がった作品であり、このクオリティでの増備が楽しみなのです。或いはノーマルなマークIIやマークIII客車も?


 922電気試験車は最後の登板になってしまいました。終了間際の5分間走行……。
 

 黄色い橋と黄色い新幹線。これは相性イマイチ(笑)。


 やはりカメラ隠し用の建物。左奥が変電所。
 右手前が保線用車庫。

 Dumi様、さすが本職だけあって、鉄道系の実用建築のクオリティ・リアルティがえらく高いです。シンプルに造っておられる割に存在感がすごい。

 余談ですが、建物はデコラティヴな方がごまかし聞くので作りやすいです。シンプルなのって意外と難易度高いのですよ?




 電気試験車922+軌道試験車921。電車が客車牽いて走るなんて編成が、天下の新幹線で見られたのは今思えば愉快。こんなのが最高速度200km/hで爆走……。
 



 最後の記念撮影タイム。
 試験車と試作車。妖しい♪




 素敵なレイアウトの全景です。
 ホーム上のクリスマスツリーとトルーパーには反応も多々。季節感は大事ですね。




 「ラ!サンシャイン」vs「あまんちゅ!」じゃなかった、伊豆半島な電車同士の並びです。
 どちらも185系の乗り入れ先……。BUCHI氏の185系も伝説的作品ですが(辻堂でも好評♪)、そろそろ新しい185系のモデル、どなたか手がけられませんか?
 



 8幅作品+7幅作品が並ぶと、やはり別世界。
 日本型8幅フルスケールも、最初は無茶無謀な流れかと思いましたが、昨今は定着してきました。大きなのメリットを外見面からも機能面からも享受……。
(6幅派としては、ちょっと複雑な気分ですけども)


 それでも、成長しきったレイアウトに並んでみると、恰も1番ゲージか、恰も本物のような存在感があります。
 このシーンだけで、なし様参加の価値はあったことでしょう!


 滞在時間は先にも触れたよう、3時間にも満たず。
 でも、非常に濃厚でした。後ろ髪を引かれる思いで次の目的地へ……。でも、こちらもすごい展示だったのでした <アスナル金山篇へ 続く>。
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444901367

この記事へのトラックバック