何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2016年12月05日

【実物鉄道】583系が583系の中を走った!(12月3〜4日 越後湯沢〜青森 団臨)



 去る12月3-4日、幾つかの大学鉄研OBの合同で(違ってたらすいません)、583系の貸切列車が運行されました。それも越後湯沢→青森(ヨ)青森→越後湯沢 という長行程で。
 実は人づてに関山もお誘いがあったのですが、「きたぐに」で何度も乗ってるからと保留してしまったのでした(もし定員埋まらなかったら救済するからと)。しかし、そのうちに見事に満席に(苦笑)。
 まぁ、若い方や未経験の方に「機会をお譲りした」と思って納得してます。

 但し、最初から「未参加の場合でも、ウチの583系だけは参加よろ」とお願いはしておりました。
 実物合わせの撮影という、夢は叶った! 持参ならびに撮影のでぃるてぃっく様、お疲れ様でした。そしてありがとうございます。




 最初にいきなり動画。583系の広ーい下段寝台使えばレゴトレインレイアウトも展開できるのです!(他にNゲージ走らせてる方も居たらしい)
 いや、むろん団体列車ならではですが。

 皆様の興奮した会話も聞こえます。臨場感たっぷり。

 微妙な高さ調整も苦心されたようですが、「動中の動」の感激は別格ですよ。


 あとは静止画です。概ね思いつきそうなアングルや場面は抑えてくださりました。

 クハネ583とクハネ581の顔合わせ。
 ああ、うちの子、間違ってなかった。実物と並んでも耐えられる。


 納得。


 模型と実物の合わせは難しいものですが、これはベストアングル!


 窓框において。走ってるがごとく。

 余談ですが。原型の583系はガラス内蔵ベネシャンブラインドがあって窓框部がなかったのです。座席と窓の間の「あの6センチの空間」がないと、かなーり息苦しく感じたのでしたよ(特に、満席の「きたぐに」自由席だと)。

 1990年代初頭に、JR東車も西車もベネシャンブラインドと内ガラス撤去。横引きカーテン化(419系も同様。715系は記憶にない?)。窓框部分が生まれて、わずかながらのゆとりが出来たのでした。


 上越線内にて。489系の改造ジョイフルトレインと。
 ちょっと奇跡的な出会いです。485系列もすっかり希少系列になってしまってますし。ところで「シルフィード/のどか」どなたか作られないかな? 3両編成ですので気軽?ですよ。


 遠く日本海を眺める。
 今度の列車は羽越線の名勝地を貫く行程。

 この区間は普通列車のキハ47で乗り通したことありますが、いいとこでしたねぇ。外から見ても良いので、名勝地を往く名シーンものにされた方も多かったことでしょう。


 スコットランドの荒れた海を眺むクラス23。

 ……じゃなかった、笹川流れ。イギリスにもこんなとこありそうな気がするんですが。




 旅情。

 窓框に置かれたアイテムって、凄く旅情を掻き立てられるのですよね。
 お茶とかジュースとかワンカップとか……模型とかレゴトレインとか!

 冗談はともかく、この1線空きでの撮影は涙モノです。素晴らしき1カット。

 あと自画自賛恐縮ですが、拙作の583系が「実物のかっこよさ」に負けてないことも再確認! あぁ造ってよかったのです。


 鳥海山(ですよね?)を眺む、有名撮影地にて。




 実物とレゴとプラレール。3並びの実現。

 そういえばプラレールの583系も子供の頃持ってました。近年の品と違って色差しもない素朴なモデルでしたけど、でも大のお気に入り電車でした。

 そして実物。40余年の風雪に耐えた、重みを感じさせられます。
 
 
 改めて、関係各位にお礼申し上げます。
 ……うちの子も、編成増強で頑張ります!
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 実物鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック