何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2016年11月30日

【鉄道作品日本形】80系 湘南電車。クモユニ付の6連完成



 11月27日の「辻堂100」合わせの製作です。

 国鉄80系。。いわゆる「湘南電車」は1950年にデビウした長距離運行も可能な電車であり、最初に東海道線の東京〜沼津間に導入されたもの。客車列車の守備範囲を「電車」で置き換えることに成功。また最大16両の編成も組み、編成長でもそれまでの電車の概念を覆したものでした。

 80系あっての151系。そして0系へ。
 歴史に残る車両です。

 また、東海道本線東京口の発展期を象徴する車でもあり。
 「湘南」というエリアの開発、そして藤沢・辻堂・茅ヶ崎……の都市化を支える原動力でもありました。

 東海道本線東京口普通列車には111・113系が1962年から導入され、そちらが主役になるのは早かった。多くの80系は当時の直流電化区間に散っていきました。
 それでも静岡地区に転じた車は、1975年ころまでは日に数度東京口迄乗り入れ。その静岡や名古屋地区からも1977年頃には80系は撤退。1978年には山陽本線等からも引退。最後は飯田線に少数が残り、1983年に全廃を迎えています。

 特筆すべきは1977年まで廃車を1両も出さなかったこと。
 その後はつるべ落としの引退劇でしたが。

 関山は図鑑などで観て憧れたものの、遂に撮影はおろか乗車も叶わなかった形式です。かろうじて新幹線から豊橋駅の飯田線ホームにいる姿を拝んだのみ。
 あぁ、もう数年長生きしてくれてたらと思うのですが。

(鉄道趣味界のお約束、あと○年早く生まれていれば……もあります。ただ5年早く生まれてたら現役SLに間に合わず、やはり愚痴ったと思いますけども。自分の世代は旧型国電・旧型客車・旧型電機にフラれた世代ですけども、地方私鉄の旧型電車には余裕持って間に合ったので、恨みはなしかもと)


◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 さて。
 レゴでの80系自体は以前に関西急電仕様を造っています。茶色とクリームの急電色。今回はその応用で、大きく仕様は変えていません。
 ただ、関西急電だとクハ86とモハ80のみですが、東海道東京口だとサロ85やクモユニ81という仲間も加わり、一気に賑やかに。



 地味かもしれませんが、基本形式のモハ80形より。
 実物でも、このモデルでも動力車です。

 初期型のシルヘッダー付の車体。シルヘッダーの表現も多々ありますけども、先の急電仕様同様に「影の黒帯」表現としました。それっぽく見えてコスト面でも有利です。

 湘南色の「緑」は通常緑か濃緑か迷いました。
 ただ、後者は些か濃すぎる! 通常緑……レゴ基本色のラチチュードの広さに頼ったのは正解でした。

 ドアは初期車原型のプレスドア表現。丸太ブロックがプレスドアに使えるのは新発見(笑)。広範に使える手ですね。

 屋根は全車共通で45度スロープ 旧濃灰です。
 旧型車には国鉄私鉄とも、ポチスロやカブスロよりこっちが似合うと思うのですよ!


 反対サイド。床下機器は割と適当ですが、制御器と抵抗器らしいもの表現すると昔の電車らしく見えます。

 動力系は取り敢えず9vモータx2。6両編成は1Mでは苦しく、2Mではちょっと勿体無い。片方はRC時代のモータにでも置換考えています(少しでもコストダウン)。
 或いは、運行環境によってPF化もありえますかも?





 同じくモハ80形。但し最終型の300番代。
 ノーシル・ノーヘッダーの全金属製車体。木製ニス塗りだった内装も、今の電車と同じく樹脂化粧板に。座席も長距離用にスハ43並のものに改善。
 しかし、足回りは吊りかけのままだったのでした。末期、飯田線に残ったのはこの300番代のみですが、全盛期には混結混用されてたはず?です。

 レゴ的には編成に変化つけるために欲しい車両でした(同じモハ80を2両作るのイヤ)。
 側窓は2x2パネルに1x2プレートつけたものを、窓内にはめ込んだだけ。
 特に固定などしていませんが、がっちり保持されます。アルミサッシの枠が近代感を醸し出す。

 また、雨樋の表現を軽やかなものに。
(逆に言えば、レール付きプレートは重厚な旧型車らしい雰囲気を出すのに有用です)


 0番代(初期車)と300番代の違い。
 同じ2x2パネル横組ですが、後者のほうが窓の大きい感じを出せました。
 実物も300番代は窓が大きく、明るい感じがしたものです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆




 1等車。サロ85形。
 1960年に2等級化されているので、それまでの2等車は1等に。
 今でいうとこのグリーン車ですが、1969年の等級制廃止(グリーン車制度開始)の頃にはサロ85は既に都落ちして、サハ85やクハ85に格下げや改造されてしまってました。
(平面顔のクハ85もまた魅力的な題材ですが……)

 戦前のオロ36形客車などと同じく、1200mmの広幅窓をもち、車内はソファの様なボックスシート。いわば走るサロン? 
 

 モデル化したのは0番代車です。

 「1」の表示は余興として。等級の青帯はミディアムブルーで表現。湘南色の中への「差し色」も良いものです。
 優雅な姿は憧れ募る……。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆





 先頭車。クハ86形。
 1次型(001-020)は非貫通の前面3枚窓でお世辞にも格好良いものではありませんでしたが。

 で、1次型の中の86015は1959年、事故復旧時に153系同様の曲面ガラスのパノラマウインドウに改めた異端車。これで格好良くなったかというとゲテモノキワモノ墜ち。しかし、なかなか捨てがたい魅力のある顔でもありますが。

 1960年代後半に元の3枚窓に再改造されてしまいましたが、異端車ゆえ記録は割と多く残されていますね。
 この関連で、編成全体の時代考証は1959〜64年頃となります。
 即ち、東海道本線の一番華やかだった時代でもあります。


 同じく クハ86形。
 2次型からおなじみの「湘南スタイル」二枚窓になります。この前面形状は1950-60年代の国私鉄の車両で独自のアレンジを加えつつ、大流行したのでした。
(当時の大手私鉄でこの顔の電車作らなかったのは全車貫通の営団と、独自のポリシー貫く阪急くらいでした)

 その、湘南スタイルの完成形は023以降。021・022の2両は?
 一説には1次型の台枠が完成してしまい、その上に2次形の前面を構築したといわれるため、021・022の2両のみが独特の1.5次型と言われる顔に。

 023以降と違い、鼻筋が通っておらず、どこか丸みの強い顔です。


 要は、これもキワモノなのですが「普通じゃいや!」と制作した次第。
 いや、温和な顔で個人的には好みなのです。

 前面窓は原型の木枠仕様。後にHゴム化されてしまいますが、やはり原型が良い!
 レール付きプレートで木枠らしさを表現してます。
(急電のときには2x2の窓部品使いましたが、オレンジ色が未だ無いのです 2x2窓に)


 比較。右のクモユニ81はクハ86023〜と同じ正調湘南スタイルです。真ん中に鼻筋が通ってる。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆




 郵便荷物電車 クモユニ81形。
 80系の初期計画では合造車クハユニ88形式が想定されていましたが、計画変更で独立したクモユニに。但し80系が数百両製造されたのに、このクモユニはわずか3両の製造に終わりました。全車2次形に属します。

 ※:「郵便荷物電車」は未だ時期尚早だったのでしょう。何しろ、111系・113系の時代にはクモユニ74やクモニ83等が大量に改造・製造されていますので。
 こうした郵便荷物電車の活躍は一部の例外除き、1986年に終焉を迎えます。


 クモユニ81は後世に2両が郵便室撤去でクモニ83100代になり飯田線に転出。スカ色で1983年まで他の旧型国電と混じって働いておりました。1両はクモユニのまま大糸線でスカイブルー1色になり、やはり1982年まで稼働。

 上の写真で左側が郵便室。右側が荷物室です。その奥に車掌室。


 両運転台で、パンタ2基付き。
 とてもカッコよい荷物電車なのですが、製作はえらく面倒でした。荷物車の場合はドアがレゴで言えば半ポッチずらししたくなるほどに凹んで付いているのですが、それを再現すると車体強度が落ちる。結局、強度の落ちたドア周りを順組にして車体強度を確保。他を横組で纏めてます。


 モデル的には非動力ですが、自走も出来るよう台車の片方は9Vトレインモーター差替対応済。クハ86と連結する方の連結器は手抜きとコストダウンでバッファ付き。まぁ旧型車なのでそれほど違和感も無し……?

 実物は80系の「10両基本+5両付属」に更に増結された16両編成の先頭車にもなった由。2基のパンタ振りかざし、さぞかし雄々しい姿であったことでしょう。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆



 辻堂の「湘南ブロックパーク」にて、辻堂駅100周年を祝う晴れ姿。
 むろん、佳き後輩たちに囲まれて!


 クモユニを先頭に。必然的に発生する先頭車同士の連結萌え♪
 また、モハ80300はやはり編成中の良いアクセントになりました。


 実物の16両編成は到底叶わず。現実的な5両+1両です。

 でも、レゴトレインのサイズになると、これくらいの編成が肩こらずに(かつ財布の中身・預金残高・カード限度額等気にせずに)楽しめるベストバランスと思う由。
 モハが2種に郵便荷物車に1等車も込みですから。
 
 4両はちょっと物足りない。でも6両は程よく「お腹いっぱい」になるのですね。
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄道作品(日本形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
湘南色いい!6連も迫力あっていい!
自分も水色でクモユニ作ろうかと思ってたところでしたが、やはり湘南色が王道ですな。
Posted by AP at 2016年12月01日 06:47
◆Ap様
 ご評価、嬉しいです。
 湘南色のインパクトは凄いですよね。存在感というかオーラのある色です。
(80系。関西急電はウケよくなかったのに……苦笑)

クモユニ水色も綺麗かもしれません。
(レゴだと水色ってだけでインパクトは得られそう)
AWAZO氏のクモニ83100と揃えると3色展開ですね。
Posted by sekiyama at 2016年12月04日 00:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック