何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2016年11月23日

【鉄道作品日本形】80系湘南電車の進捗 車体完成6両分♪


 車体が6両、完成しました。
 
 サロ85は1両。モハ80が2両。
 クハ86が2両。そしてお揃いの郵便荷物車クモユニ81が1両。当初予定の6両が一挙に。

 荷電付けた普通列車というのは、昔の東海道筋では定番でした。


 湘南顔ノーマル(木枠)はクモユニ81に使う。
 あとのクハ86は特定車番モデル(笑)で、パノラマウインドウの異端車86015。
 そして、1.5次型と言われる稜線なし湘南顔の86022。

 時代考証は1960年代。86015は1959年にこの顔に改造されてますので。


 クハ86は比較的シンプルな車体であり、以前の関西向けの実績もあり製作は楽♪

 一方悪戦苦闘したのがクモユニ81。順組横組大きな扉。その上 微調整の必要な顔での両運転台。


 サロ85他中間車。
 大きな窓のサロは2等化後(1960年以降)想定です。帯色は薄い青のはず。「1」表示は軽い余興。

 広窓でソファのようなゆったりしたボックスシートの並ぶ優等車は憧れの存在……。
 余談ですが等級制廃止(グリーン車の制度導入)は1969年。その前にサロ85はサハ格下げされているのでグリーン車時代は存在しません。普通車なので豪華な座席は早い者勝ち?(羨ましい!)。

 隣はモハ80 300代。新性能電車に通じる近代的な車体。
 編成に混ぜると適度な?違和感。


 「湘南色は、良いぞ!」

 グレートノーザン鉄道のカラーリングをパクったとか言われちゃいますが(笑)、緑とオレンジの組み合わせって良いものです。飽きない! 派手なんだけど嫌味じゃない。
 ましてや元祖の80系となると。

 また、6両も同じスキームの電車並ぶとちょっと壮観♪
 フル編成派にとっては6両なんて物足りないかもしれませんが。ウチでは長い部類なのですよ(……根気、足りませんので)。

 さて、あとは足回り造って。パンタ載せて。ベンチレータなど屋上機器載せるだけ!
 ……いや、結構な工数じゃありますが(苦笑)、完成も見えてきました。
 
 ともあれ、車体だけで記事書きたくなるほどの自己満足度。足回りも付いて完成したら当面の「お気に入り」になれそうです。
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道作品(日本形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック