何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2016年11月18日

【作品紹介】ryokuchakuma様の「四季島」。逆テーパと大型キャノピの魅力。


 
先方の記事「レゴ 四季島製作記」
http://blogs.yahoo.co.jp/ryokuchakuma/13401206.html

 実物は……かなり複雑な形状です。そして特異に過ぎる窓配置。
 ほぼ1色の塗装も却って難度を高めていましょうね。装飾によるごまかしが効きませんから。
 薄いゴールドですが、これをタン色で表現したのは正解でしょう。実物よりもむしろ上品に見える?

 まず、完成形から見てまいりましょう(関山撮影)。
 お披露目は先日のBKCでした。実物に合わせてデビウさせるのはRyokuchakuma氏の「技」の一つ。


 前頭部。大型キャノピーによる「丸み」と、3x6x1のキャノピーによる逆テーパ形状がとてもリアル。この形状に固まるまでの紆余曲折は後で触れましょう。

 斜めの変形ピラーが特徴ですが、ここはウエッジプレート+スロープによる処理です。レゴ的にはやはり難度高い題材であることがわかりますね。

 車体後半は機器室。サイド・屋上ともにルーバーがスッキリ仕上げられ、下品になっていません。
 連結器はダミーでも良い気がしますが、ここはコダワリでしょうか?

 2両目は寝台車(スイート)。窓配置が既に不思議。

 3両目はラウンジ車? 鉄道車両の概念を覆すような鳥かごのような窓構造……の車ですが、そこは巧くデジタル的に処理されています。他に作り方が思いつきませんよね?
 黒い部分はインパクト十分です。


 実物の10両編成を5両に縮小しての再現。
 食堂車とデラックススイートは今後の課題でしょうか?


 特徴的な、前頭部の縦型のライトも点灯再現。このインパクトは凄い!


 大先輩たる?20系との並び。
 
 さて、個々に至るまでの制作過程も見てまいりましょう(以下、ryokuchakuma様撮影)。


 最初の試作だそうです。実物の詳細情報出てから直ぐに取り掛かったのだとか。
 縦型のライト。変形の側窓の表現を試されています。


 二次試作。3x6キャノピ中心で、逆テーパーを再現したもの。


 同じく二次試作。こちらは逆テーパを割愛して、そのかわり縦ライト表現を優先。

 実はこの地点で関山に問い合わせがあり、どちらが良いか? と。
 「逆テーパは四季島の最大の特徴なので省略はありえない」
 「もうちょっと 全体に丸みというかスマートさがほしい」
 とお伝えした次第です。


 二次試作+α


 ほぼこれが決定稿。最初の試作品にあった大型キャノピ復活させてるのが特徴です。通常の鉄道車両には使い難い部品ですが、この題材にはベストマッチ。

 逆テーパ部との繋ぎ部も丸みを付けて。この処理に違和感はなく。
 不可能が可能になった瞬間かもしれません。


 完成車はよりブラッシュアップされた姿に。黒とタンのバランスが良好です。

 そして、エース君の「トワイライトエクスプレス瑞風」との並びも実現したのでした。。こうなると「ななつ星」も欲しくなってくる……? 
posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック