何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2016年11月17日

【作品紹介】エース君パパ様の「片上のブルートレイン」 非電化私鉄への誘い

 同和鉱業片上鉄道は1991年に廃止されてしまった岡山県の私鉄。鉱石輸送のための鉄道であり、気動車の他に貨物列車用のディーゼル機関車を揃える。
 また、朝夕の混雑時のための「客車」迄持っていました。

 気動車と客車列車の使い分けは1960年代の炭鉱私鉄ではよく見られたものでしたが(北海道など)、その形態を1980年代まで続けていたのは稀有なことであったでしょう。
(他に三セクの樽見鉄道も同様の輸送形態でした)

 あぁ1991年廃止なので、頑張れば乗れた・頑張れば撮れたのですが。


 以前もCADを紹介しましたが、夏頃完成されてたようです。
 BKCでも展示・走行したのでした。

 DD13タイプのディーゼル機関車の曳く、凄く楽しい♪混合列車編成。
 今の目で見るとメルヘンの世界ですが、鉱石輸送・通勤通学輸送という実務のために1990年代まで頑張っていたのでした。
 思えば非電化私鉄は余りレゴトレインでは選択されませんが、実は素敵なモチーフです。


 bkcの大レイアウトは都会派故、ややミスマッチ? でも、それも良い!
(DD13という意味なら、都市部の貨物扱駅にも居たので実は都会派?)
 
 DD13(国鉄機とほぼ同形)は小さな車体にPF機器を収めた力作です。それも2Mか?
 タイル張りのボンネットでPF機器を巧く隠す。小さめの上すぼまりのキャブが如何にもDD13という感じがします。白い手すりもディーゼル機関車のポイント。
 
 引いてる貨車はレゴの製品ですが、偶然にもコンテナ系と鉱石系が続き、ちょっぴり片上鉄道の雰囲気はあり? まぁ片上鉄道では鉱石輸送はホッパ車ではなく無蓋車でしたが。


 国鉄オハ61系を17m級にしてオープンデッキにしたような客車。ホハフ2000形。
 青に白帯という姿で、当時の関係者がどれほど意識してたのか不明ですが「片上のブルートレイン」と言われていました。
 混合列車の他、客車だけを3-4両連ねた客車列車もあった由。

 窓は数を少なめにして、1ポッチの合間を入れるとホハフ2000らしく見えます。
 妻部の屋根処理がいい感じですね。1x2系のカーブスロープの効能大きいのです

 ワム80000形は難度高く、一般的な貨車の割に殆ど作品がなかった。
 車体リブを半ポッチづらしで再現することで、今回実現しています。大量生産は不可能?な手法ですが、リアルなワム80000形が1両でも混ざって居ると、貨物列車も引き締まります。


 無蓋車と緩急車。
 無蓋車はタイルとプレート駆使したアオリ戸が精緻精密。実際に開閉もするのでしょうか? 量産は大変かもしれませんが、このクオリティの無蓋車は揃えてみたくなります。無論1両とか2両を編成のキモとして使うのもありでしょうか。

 緩急車ワフ101は国鉄の車掌車と違い、窓配置が左右非対称のちょっと変わった車。左右非対称なのは国鉄ワフ22000形の払い下げ車で、貨物室潰して両デッキに改めたため。


 「正調」の混合列車で。

 ときに回送の気動車までぶら下げた編成も合ったそうです。片上鉄道の気動車たちもなかなか魅力的でしたし(キハ41000やキハ42000同形車も)、三角屋根の駅舎などのストラクチャも良い雰囲気だったそうです。

 何時か、情景の再現にも繋がること、期待しております。
 また、保存会の保存車両・設備との出会いもあること願っております。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック