何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2016年11月13日

【作品紹介】しゅん様の謎機関車は禍々し? いや、「Yellow Submarine」的ラブアンドピース!(CAD)

 最強出力・最高牽引力狙いの、重連想定でトレインモーターx6搭載の化け物機関車。
 デザインのコンセプトは「トレインファンが使わない部品を使いこなす!」ことだとか(笑)。


 第一印象。これはヤバい。
 シャレ抜きでヤバい。奥にいるのは既に制作された「原子力機関車」ですが、この雰囲気は原子力(=核分裂)よりヤバい動力で動いてそうな禍々しさ……?
(Joker氏いわく「ソイレント・グリーン」みたいな動力? いやそれ真っ暗ですから!)


 側面仮図。
 台車位置の前後非対称がポイントなのだとか。いや実際にアンバランスが魅力。
 スカートで覆われた足回りが妖しさを演出?





 しかし、完成版。

 飽くまで私感ではありますが。
 機関車として全長分の形ができてしまうと、あの「第一印象の禍々しさ」が何故か消え失せる。SF的デザインは佳きレトロヒューチャーでもあり。そしてなにより想起されるのは「Yellow Submarine」的な、ラブアンドピースな世界観なのです。あ、皮肉とか禁止で、ガチにラブアンドピースですよ? 動力は……地球にやさしそうな何かでしょう(だから皮肉禁止! 現実的に核融合辺りかしら?)

 何より、エンジンや排気筒周りにそれこそYellow Submarine的なコミカルさが生じてそれがまた味になってる。かつ、全長分出来たことで「機関車としての安心感」が生まれた? 前頭部だけで判断しちゃいけません。作者の狙いは分かりませんが、個人的に受ける印象としてはディストピアではなくユートピアが似合う機関車と。

 レトロヒューチャーな曲面は何処かアールデコな味も帯び。
 そして、手すりやエアタンク、軸箱周りのリアル系ディテールは機関車としての、機械としての魅力につながる。

 あらゆる要素を内包した自由形。現状はLDDではありますが、いつかの実制作を期待したいと思います。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
完成品を見るに普通のSF機関車だなぁ
Posted by 赤沢 at 2016年11月15日 20:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443940424

この記事へのトラックバック