何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2016年10月25日

【作品紹介】エース君の近鉄3000系。改良リメイク。異端の魅力

 近鉄3000系は近鉄唯一のステンレスカー。京都市営地下鉄への直通を狙って1979年に近畿車輛で1編成4両のみが試作されたもの。なお、米バッド社のライセンスを受けた東急車輛製造以外による「オールステンレスカー」としても貴重な存在でした。
 あの時代のステンレス車には構体は普通鋼のセミステンレス(スキンステンレスとも)も少なくなかったのです。
 
 ずっと京都線橿原線で活躍を続けていましたが、2010年には機器故障のため休車。2012年には廃車されてしまいました。首都圏の事業者ならそれほど短命ではないですが、近鉄にはもっと古い車両も多々残っているのですが……。それだけ使い難い車でもあったのでしょうか。

 ステンレス車でありつつも、従来車のイメージを引き継ぐスタイルは特異でもあり、あの時代なりのモダンでもありました。部分塗装を多用したスタイルは、やはりステンレス車の投入に慎重だった京急の銀1000形や1800形に通じる部分もあります。


 近鉄通勤車。特に京都線橿原線系を得意とされるエース君は無論過去にも3000系は手がけており、こちらは2015年のJAMでの様子。
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆




 旧作は一度解体されたようですが、リメイクされて還ってきました。

 アウトラインは変わらねど(いや、変える必要はないのですが!)、細部を修正して印象は良くなっています。

 前面オデコ部分の赤が抑えられ、実物に近くなる。
 屋上機器がスッキリした形状・色に。

 側面はドア表現を変えてきました。1x2タイル挟み込みより、2x2パネル側面のほうがらしく見えます。乗務員ドアが1幅になるとスッキリします。

 スカート形状もより近鉄らしい形状に。ブラックアウト処理は効果的。

 パンタグラフも正規表現となり、質感高めてます。


 ホロのない側。より、まとめるのも難しいのですが、巧く処理されています。

 なお、2両目は運転台撤去車ですね。よく見ると独特の側面、ライト跡が見えます。

 さて。
 将来的にパーツ事情が許すなら、側面コルゲート表現は挑戦されてほしいです。新濃灰のグリルブロックが王道でしょうか。より3000系らしい特異さが際立つことでしょう。
 前面の1x2カーブスロープも新濃灰にすると3000系の額縁っぽさが伝わってくるか? ただ此れは試してみないとなんともいえませんね。
 
 ともあれ、現状でもこの作品からは3000系の良さは伝わってきます。
 エース君の推される、近鉄一般車の世界への誘いともなっておりましょう。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック