何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2016年10月15日

【作品紹介】k.mastubara様のフランス国鉄 231G(未公開作お蔵出し!)蒸機のなんたるか?

 先日の鉄道の日記念にさらっとツイートされていた写真です。
 しかし、見逃してはならない大物なのでした。



 フランス国鉄のパシフィック。ちょっとフランスの蒸機に関しては知識も手頃な日本語資料もないので(ほんとに、ない!)形式まで特定できないのが悔しいのですが。

 恐らく、231Gでしょうか。違ってたら申し訳ないです。

 国鉄統合前、ETATの231-501形。1914年から1921年に製造された4シリンダ機。時期的には独のS3/6(18.3や18.4)と重なります。蒸気機関車が最新のメカ・テクノロジだった時代の機関車と。そしてあの時代らしい典雅さも帯びる。

 無論、時代的にはワゴン・リの全盛期と重なります。華やかな活躍をしていたことでしょう。


 写真、色調を修正させていただきました。

 シリンダ部で約10幅オーバー。全体では8幅ということになるのでしょうか(牽いてる客車も8幅と思しき)。大きさというメリットを存分に発揮していました。

 赤いエンドビーム。
 斜めの切り上がったデフレクタ。
 傾斜角の大きなキャブ。
 緑と赤の組み合わせの配色も、独機(統合前もDRG統合後も)や英国機とは違ったセンスです。明らかにフランス機!

 特徴的なシリンダ周りもベストに近い表現です。ボイラー周りも力強く、蒸気機関車のなんたるかを理解された作品も言えましょう。

 動輪は他に解決策無かったのがダミーと割り切られています。制作当時BBB-XLの存在をご存じなかったというのがもったいなく感じられます。無論、現在の再制作が叶うのであればBBB-XLの出番でしょう……。

 この作品は2010年制作のボツ作品。
 既に解体されてしまったとのこと。
 しかし、この1枚の写真が創作意欲を大いに刺激するじゃありませんか!




 231Gの実物写真。Wikipediaより。

 フランスの蒸機は先にも記しましたが、独・英・米と違い満足のできる日本語資料が殆ど無い。また、鉄道模型界隈であまり人気はないみたいです……。
 だからこそ、レゴで作る!のは正しいのかもしれません。
 
 数年前と違い、色やパーツ形状の制約は大きく緩んでいます。ダークグリーンがいつの間にか「普通の色の普通のパーツ」になってるんですよね。
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
拙作の紹介、ありがとうございます。
本作の制作は2010年。
当時はこれだけの大物を走らせられる環境になかったもので、そもそも静態保存前提に制作しました。
一応フランス機と謳いながらもドイツ機など融合したもので、正確には231をベースにしたオリジナルです。
当時はまだリアルにこだわる前の段階でした。
割と思いつきで作っていたので、全体的に出来が緩いです。
今の私の基準なら、仕上がりとしては恥ずかしいですね(笑)。

フランスの大型蒸気は、運転室の形状に独特のクセがあるので好みが分かれるのかなと思います。

SNCF231のベースになったNord Pacific3.1192は、いつかやっみたいですね。 出来れば、フレッシュ・ドール編成と一緒に。
Posted by K.Matsubara at 2016年10月16日 17:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック