何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2016年09月30日

【作品紹介】アイン様の自由形旧型客車。灰緑+赤。自由形の「自由自在!」っぷり。

 先方の記事です
レゴ 旧型客車風オリジナル
http://blogs.yahoo.co.jp/ainchan10/40085673.html
レゴ オリジナル旧型客車と……
http://blogs.yahoo.co.jp/ainchan10/40095146.html


 ちょっと贅沢?な色遣い・パーツ遣いの自由形客車。

 但し「贅沢」の効果は大きい。灰緑と赤の組わせはユニークでありつつも、リアルティがあります。客車ではありませんが、往年の東武 日光軌道線がこんな色だったなぁとか。補色なので色合いは最強です。華やかだけど品がある。

 客車自体の造形はスハ43やオハ35を意識されているとのこと。デッキ周りが如何にもそれっぽい。ドアもこった組み方です。
 配色も相まって、それら国鉄旧型客車が地方私鉄に払い下げられた車という雰囲気というのがしっくり来ましょう。あるいは木造客車を自社で鋼体化した謎客車? そういう客車は1970年代までの北海道の炭鉱私鉄にはごろごろ居たもので、気動車に合わせた鮮やかなツートンカラーのも。

 なお、当初コンセプトが4.5V動力車 7720に牽かせる客車……だったそうなので、足回りは4.5V仕様です。ただし台車装飾があり、印象をちょっと変えています。イコライザや台車枠も作ると更に変わってきそうですが、そこまで作り込むとコンセプトもぶれてしまうかもしれませんね。


 コンセプトどおり。#7720牽引の混合列車風。
 7720みたいなディーゼル機関車……成田鉄道1001(→西武鉄道で戦後再起)は居りましたのでこの組み合わせも似合います。いや、客車も窓まわりの仕様ゆえ良い意味で無国籍に成っていますし。


 アメリカンディーゼルとの組み合わせ。派手で明るいカラーリングはアメリカ本場というよりはどこかの発展途上国国鉄の代表車両という雰囲気。
 それ故に、無国籍な客車が似合うのは言うまでもありません。

 アメリカ製機関車+日本製客車の組み合わせはいろいろな国で見られたものです。


 EF81と。
 こうなると私鉄客車というよりは、旧型客車末期(1980年代)にジョイフルトレイン化した国鉄車という趣になりますね。お座敷とかサロンカーとかに改造とか。国鉄末期からJR初期に実例も少なくありません。種車の客車も、また改造に充てる人員も余裕あった時代ですから。

 意外と12系や、ノーマルのスハ43との組み合わせも似合いますかも?

 なお、車掌車に挟んだ状態だと輸出向け客車の試運転や甲種回送っぽい雰囲気にできるかもしれません。


 真打ちはこちら。
 同じく自由形 私鉄電気機関車と。

 自社発注の電機+国鉄払い下げ客車の組み合わせ。松尾鉱業鉄道辺りが思い出されるところですし、秩父鉄道や大井川鉄道もそれに当たりましょう。電気機関車保有数の多い私鉄……三岐鉄道辺りでもあり得た編成かもしれません(通勤時のリリーフとかで)。

 そういう想像をふくらませるに値する、素晴らしき組み合わせ。1960-80年代前半ならばガチな通勤通学列車でしょうし(2-3両貨車も加えると更に宜し!)、それ以降も残っているなら何らかの観光列車でしょうか(大井川の電機+客車の臨時列車は一度乗りたい!)。

 そんなわけで、使い勝手最高の「国鉄風? 而して、無国籍」自由形客車。
 思わず妄想で筆も進んでしまう、楽しい題材なのでした。
 
 蛇足。写真にはありませんけど、この種の客車は電車や気動車に牽かせたり挟んでも楽しんですよ?
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック