何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2016年09月21日

【作品紹介】il様のC62 3 エンジンドライブの大型蒸機 8幅フルスケール。

 思えばレゴでの蒸気機関車表現。それも国鉄形王道系というのも随分と世代を重ねているのを実感させられます。

 古くはEJLTC小倉氏のC62。もう16年程は前。歴史的存在。
http://mogura.ejltc.com/c62.htm
 C57・D51にはAWAZO氏作品。
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=455031
 そして2004年、SUU氏のC62。動輪にチェーン巻いたギア使う独創性実用性。
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=86333

 2005年のBBBホイール、また2009年のエメラルドナイト……公式大動輪もレゴ蒸機の世界を変えてきました。

 時代は飛びますが、今年はBikkubo氏のD51が一つの極みを見せてくれたのが記憶に新しい。7幅フルスケール。
http://legotrain.seesaa.net/article/441497662.html

 その流れの中でのil様の作品。こちらは8幅のフルスケールです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆



 カーブスロープ多用による丸みが、現代の作品であることを意識させられます。
 エメラルド同様の太めの缶胴もC62という題材にふさわしいですし、まして8幅だとバランスも良好。狭軌感や、シリンダ周りの迫力、ロッドの処理、メリット大きいのですね。
 何より、7-8幅の客車が揃うとこれまでにはない迫力となりましょう。

 基本造形が整っています。ランボードからフロントエプロンへの急角度もまたC62らしいと言えましょう。
 
 ドーム部分は上部の丸みを割愛して、その分前後方向のラウンドを優先していますが、缶胴太い分ドームの薄い印象のC62ならありな表現です。


 テンダ側より。薄い上縁が嬉しい。
 プロトタイプは3号機とのこと。追加燃料タンクが個性主張しています。


 サイドビュウ。完璧。
 現状での究極の一つ、でありましょうね。メインロッドの色が更に印象も変わってくるでしょう。
 動輪は標準大動輪。C62にはやや小さい印象ですが、モーションプレートやエアタンクの配置で気になりません。ボックス動輪ではなくスポーク動輪なのもレゴ的には許容範囲ですし。


 エンジン部アップ。
 先台車の質感が良いです。テクニックアームは雄弁。

 メインロッドとサイドロッド。前者が長めできちんと第二動輪に掛かってるのが嬉しい。メインロッドとサイドロッドが交差してる辺り、リアルな感じですし動くと楽しいでしょうね。

 さて。
 賛否は割れるかもしれませんが、ディテール類が控えめなのは個人的には好印象です。要点は抑えているので(モーションプレート!)これでも十分と思えること。また、自作動力部分を持つ車両として、不安感がないのもまた大事だと思いますから。そもそもプロポーション良ければ誤魔化しも要らないのです。
(無論、ディテールでプロポーションの無理をカバーする戦略も否定しません)


 キャブ周りアップ。
 国鉄型蒸機のキャブは横組が似合います。前方ヒサシも忘れずに。
 従台車上の火室部分の迫力もたまりません。重量級ハドソンの魅力伝えます。


 底面より。
 2-C-2を無理なく配置しているので、走行性能は安定していそうに見えますね。


 そのアップ。
 ロッド伝動だけでは動力効率の損失があるため、内部ギア連動も併用です。近年普及してきた感。もちろん、エンジンドライブ・自作動力です。


 動力系の図。
 PF-Mモーターに対してギア比1:1。注目は黄色の歯車はクラッチで機能をoffにできること。ディーゼル機関車などとの重連時は動力なしにして同調の必要を無くしています。但し、ギアトレーンが複雑かつ長めなのは動力損失やメンテ面での不安は残ります。
 一方、重量物の電池BOXをエンジン内に収めてるのは好ましい配置です。
 なお、サイズ的にモーターはPF-XLやPf-Lも行けそうです。

 個人的にはテンダドライブ派ですが、それは6幅での安定性能を求めた場合の話であり、8幅に関しては自作動力は模索されて然り、でしょうね。

 最新のC62モデル、今後の活躍が楽しみです。
 蒸機は難度高かれど、成功の喜びはまた格別……なのですよね。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック