何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2016年09月15日

【作品紹介】CADなのが残念。薬師山様のマイクロビルドな叡電ジオラマ

 CADなのがほんと残念なのです。
 最近のレンダリングの高性能化は凄まじいですね。最初勘違いしたくらい(笑)。

 作品の概要ですが、スケールダウンモデルではなくて巧みな「印象派」。要点のディフォルメで成立しています。つまり、特徴的要素の取捨選択が行われてる。
 いや、レゴのビルドってそういうものですが(どんな大型モデルであっても)、この作品はその極みになってる。製作者の目とか感性とかセンスとか問われる部分であり、作家性が露骨なまでに顕れるジャンルでもありましょう。


 鞍馬駅。特徴的な駅舎。入母屋屋根もこの表現で。入り口に2x2の窓を使ってる。
 ホーム屋根は省略されていますが気になりません。

 ホームに居る車両はデオ800系とデオ900。このサイズなのにデオ900の天窓まで再現。
 取捨選択 巧みと思うのは駅前の「天狗」とデナ21前頭部。


 元田中駅。斜めに横切ってる道路をウェッジプレート組み合せで表現。平面なのに「立体感」が生まれてます。ホーム屋根もパーツ見立ての勝利。
 電車が踏切に入ってきた緊張感ある図柄も堪りません。


 出町柳駅。
 エース君パパ様作品とは違い、現在の姿です(却って難易度高いですよ!)。

 新旧が入り乱れる複雑な屋根。シンプルで無機的に見えて、実はそうじゃない今の出町柳駅らしい雰囲気が伝わります。そしてここでも「斜め」処理。ウエッジプレートあるだけで作品の解像度が上がった感じがします。

 あの、狭っ苦しいホームも出町柳駅の雰囲気そのものですね。


 さて。
 全作に共通ですが、キット化?を想定されているのかトリッキーな組み方は避けてるのに気が付かされます。マイクロビルドだからこそ横組なども駆使して……という考えもありましょうが、ストイックに?順組のみで迫るのも、二重の縛りとして良い効果を産んでおりましょう。
posted by 関山 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック