何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2016年09月09日

【作品紹介】sauseiji様のキハ72系「ゆふいんの森III」。重厚なる観光特急。

 先ほどのJAMで初展示となった、sauseiji様のキハ72系「ゆふいんの森III」。
 実車は1999年にキハ71系の増備として用意されたもの。キハ71では改造でしたが(おかげで現役最後?のキハ58に)、キハ72は新製車です。
 ながらく4両固定編成でしたが乗客増に応じて、キサハ72形を2015年に新造、増結した由。

 キハ72系とは差異も少なくなく。広窓が狭窓に。
 上すぼまりの車体断面は通常のスクエアなものに近く。
 前面形状の修正(ライト形状や縦方向のピラーなど)。

 この辺りは好みの分かれるところでしょうか。インテリアは流石に後から新造したほうが上だったりしますが(笑)。


 2015年までの4両編成での再現です。カラーリングは先行した気分屋様作品同様の通常緑を基調に。レゴ通常緑の、というよりは基本色のラチチュードの広さゆえ違和感がありません。実物は微妙なメタリックグリーンですが、これで正解か。
 帯色はダークタンで、ここは気分屋様作品との違いです。これは一長一短ですね。




 前頭部は特殊キャノピーは使わず、ポチスロのみで造形。クリアーにならないので好き嫌いは別れる手法ですが、造形的には望ましい効果をあげています。
(ちなみにキハ71とは縦ピラーの有無など造形そのもの違うので、気分屋様作品と同じ手が使えません)

 また、1x2カーブスロープの普及が可能にして、そして好効果を上げたモデルの典型でしょう。
 縦ピラーの処理も綺麗です。ブラケットの半プレート部を使いこなしてます。上部ピラーのタレポッチ処理も巧い。あと、乗務員ドアの小窓表現が良い感じ。




 両側面より。大きく形状が異なるのはこの種の列車のお約束ですね。


 個性のでてる中間車周り。
 左はキハ72-3。右がキハ72-2。
 キハ72-3にはビュフェとセミコンパートメント有り。


 左がキハ72-2。右がキハ72-3。
 縦長窓の反対側の意匠も面白い。業務扉の丸窓。エンブレム。


 JAMにて。関山撮影。
 気分屋様のキハ71との並び。プロトタイプの差異もありますし、作風の差異もあります。甲乙つけがたいですね。


 如いて申せば、キハ72の方がより重厚な感じがします。
 カメラや撮影環境の差異でしょうけども、この色合いなら実車のメタリックグリーンっぽさも顕れてる。


 他、sauseiji様のJR九州の作品より。
 お一人でここまで作られてしまったのは、驚愕としか申しようがありません。
 
 お次の題材も気になるところです。まだまだ九州には魅力的な題材が沢山ありますから……。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック