何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2016年07月30日

【イベント】レポート速報版:7月30日(土) 地下鉄に乗って国際会館に行く! 地味? いや大規模なんです!

 レポート写真速報版お送りします。
 本レポは8月2日帰宅後にお送りする予定です。

 さて、最初は「京都市交通局オンリー? ちょっと地味すぎやしないか? お客様だってどれほどいらっしゃるか…?」と懐疑的気分での参加表明だったのです。正直なところ。
(ちょうど、山陽・山陰への乗り鉄旅行を絡める手があるというのが決めて。京都は通り道とできる)

 しかしすべては杞憂でした。

 盛大な規模、京都市交通局を主役にしつつ、京都に絡む鉄道という広範なテーマ。
 そして、押しかけん規模のたくさんのギャラリーたち。

 このためだけに京都行きを組んでいても後悔はしなかったでしょう。
 また、もし参加してなかったら、皆様のツイートなどを眺め悶々としてたに違いありません。



 設営は前日設営で基本的部分。
 当日朝は9-11でレール敷設完成など。

 レイアウトはPF用の複線。本線。
 9V対応の単線はドッグボーン形。JBF・砺波に続き三度目の出番となった路面軌道をL型配置。
 さらに、エースくんパパ様の叡山電車(複線)は自動運転対応。
 同時5線で列車運行ということになります。

 町並みはかべぇ様と美留町様の作品。


 11時の開場と同時に動かしたのは主役たる京都市交通局。
 エース君作の地下鉄南北線。そして拙作の市電2600形。


 エース君とSunny様の混結編成。シリーズ21。


 国際会館(モダニズムの殿堂!)の50周年記念催事でもあります。
 肝心の国際会館もカラフル版とリアル版が並びました。


 その下には地下鉄駅。
 説得力があります。


 田島様作の山鉾。N電と合わせて京を演出!


 こちらは碧月様の新作 地下鉄東西線の電車。
 mazta-k様の「きらら」と併走です。


 拙作、京阪の新旧。
 8000系と、1000-16-700の編成。
 幸いにも新作の8000系は大変に好評でした。作ってきてよかった!


 両端ループ持つドッグボーンをL型に配置してるのがわかりましょう。


 出町柳駅前の併用軌道を行く京阪旧型車。時代が時代ならありえた光景かも…? なぜか違和感が仕事してません(笑)


 京阪特急クラシックス。1900形(1810形)も似合う。


 如何にも「京」な光景の中を行く。

 薬師山様の近鉄3200系。これも地下鉄南北線の電車のひとつです(乗り入れ車)。


 これもまた「京」な風情です。


 京阪特急。新旧の併走。
 ただ、1900形と8000系の間に3000系がありましたね。歴代京阪特急も遠からず、すべてそろう日、来るんでしょうか。




 バスもいっぱいです。京都市バス。京都はバスの町でもあるんですよね。


 バスの一部は「現地生産」。組み立ての実演をでぃるてぃっく様が担当。5台ほどの作品を会期中に作られたのでした。
 これ、作品群がレゴを組み立てたものであることを示しています。




 後半の、新幹線タイム。薬師山様の0系は安定定番にして、鉄板的作品です。

 で、半ばネタな拙新作、911+921。ディーゼル機関車+軌道試験車の名ペア。


 最終的にはこんな珍編成でも遊びました。
 

 サプライズ新作。碧月様のJR西日本323系電車。ついに登場した大阪環状線のニューフェイスを!


 鳥居越しに。


 エース君パパ様の、叡電往復運転。
 このアングルで覗き込まれてるお子さん方多かった。効果的な展示でした。


 これもまた「新作」。薬師山様作のカスタムキット。
 なんと京都市電が最人気ですぐに完売してしまいました。次ぐ人気は地下鉄南北線。
 またバスシリーズは最人気京都市バス。
 主催者の顔を立ててる売り上げとなりました。


 京都市交通局。過去から現在へのラインナップです。

 この並び、まこと持って感慨深いものでした。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック