何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2016年07月28日

【作品紹介】エース君の名鉄7700系 無愛想? いやお洒落なんです!

 名鉄7700系はパノラマカーグループの増結用車両。というよりはパノラマカーの前面貫通版? 或いは5500系あたりのSR車のまっとうな増備車という感も? 半端な存在なのか便利な車なのか? 個性的なのが揃ってた名鉄では寧ろまともな車両だったのかも知れません。いや、1973年の新造車なのに大型ヘッドライトだったのは「さすが名鉄」だったかもしれませんが。

 2連と4連が有りましたが、後に全て2連に組換。中間車は7000系に転用されています。
 また多くの車両が「白帯車」化されていました。


 定番なDYSON氏流儀の、エース君作の整合性を保った作りです。

 第一印象は「無愛想」?
 いや、それが7700系の印象で間違いではありませんから(笑)。

 しかし、テールライト周りのグリル装飾が「お洒落」。そして、車体全体に流動感を与えています。実物でもこのモデルでもそうですが、僅かなパーツが印象を左右する実例でしょう。

 余談ですが、この部品がなくてテールライトが直についてるだけだと7300系(ツリカケ!)の顔になります。あっちは流動感のない、平面的な顔でしたね。要は、差別化成功しています。

 大きなヘッドライトはポチスロ使って埋め込み表現。
 左右ヘッドライトも微妙に凹表現です。

 貫通扉が横組で、小さな貫通扉窓がまた7700系らしい。


 側面より。名鉄は先頭車同士の顔わせが絵になります。
 側窓は横組。サイドサポート付きの現行2x2パネルは名鉄のHゴム支持だった連続窓の表現にぴったり。




 そして、白帯車バージョンも。
 何故か皆様避けてきた?7000代の白帯車ですが、鮮やかさが増して見え、良いものです。これが一般車と混ざり、一部指定席とかやってた時代も有りました。

 種別板の黄色も良いアクセントです。黄色だと急行。特急だとライム色でしたね。
 下の写真ですが、ジャンパ栓の表現が良い感じでも。


 7000系との混結。
 ドローバーによる連結。最近のボールジョイント部品の「凹」はルックスも良いので常用しても外見的に問題ないのですね。

 ただ、連結面間詰めるともっと良くなりますかも?


 指定席車2両+自由席車4両の特急?
 1988年から1990年代に広く見られた編成。これも思い出になって久しい……。

 他にSR車はdyson氏の5200系もありますから、何時か混結も見たいと思うのでした。
 名鉄って「機構的に繋がるものは、とりあえず繋げてみる」傾向がありましたからね。なんでもあり(笑)。
 
posted by 関山 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック