何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2016年07月28日

【作品紹介】Sunny様の近鉄5820系 シリーズ21 バランス良しの4ドア表現/連結器の魔改造は「正義」!

 関西の新人Sunny様ですが、E5新幹線に次ぐ作品は近鉄5820系。シリーズ21。
 意外と近鉄大好きなエース君が作ってこなかった題材ですよね?

 すっきりした都会的な、そして上品な外見。斬新な新塗装。
 従来の近鉄のイメージを大きく変えたグループです。但し、一気に大量増備……ではなく、旧来車と混成でまったりカオスに運用されているのもまた、今の近鉄の姿でしょう。


 前面。折妻表現を頑張っています。
 ヒンジではなくポッチ接続で後退角を付けています。接続部分がヘッドライト・テールライトになっているのもポイント。折妻は昔の電車も今の電車もよく見られる基本的形状ですから、これをマスターしておくと応用が効きます。


 側面。24ポッチショートの中に4ドアを再現。しかし、不自然さも窮屈さもない。
 寧ろ2幅のドアと、3幅の側窓が絶妙なバランスを造ってる。無機的な感じもまたシリーズ21らしい。

 パーツ事情があまり良くない環境下で、この雰囲気をよく出せたと思うのです。
 また、通勤形が意地悪にパーツ食いなのもわかるのですね。

   

 さて。もう一つ。思いつかなかったアイディア。

 現行のレゴトレイン連結器(バッファ一体型)のバッファ部を、大胆にも、切断!

 魔改造では有ります。しかし、個人的には「良くやった♪」と。拍手喝采したくなる魔改造です。これは「正義!」ですよ。

 レゴ社のバッファ一体型の連結器って、レゴ社の幹部が鉄道のこと何にも分かってないがゆえの代物なんですよね。バッファなんてアメリカと日本と中国の車両には付いてないってゆーの! あの改悪された時のアメリカ形ファンの気持想像すると胸痛みます。

 で、我々もやむなく日本形車両でもバッファ付きで作ってきました。
 車種によっては意外と違和感は無かったものの、やはりジャンパ栓などのアクセサリが付けられないことや、電車や気動車の場合、スカートが付けられないのは問題でした。

 これで、あっさりばっさり解決? 自分も今度やってみよう。温存してきた旧型の連結器もストックがヤバめですし。
 ペーパーなどでもっと切断面を綺麗に仕上げると尚良し、でしょうね(笑)。
 
 閑話休題。サニー様は今回の作品で日本形・通勤形はかなり前進された感じです。今後も期待しておりますよ!
 
posted by 関山 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック