何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2016年07月24日

【作品紹介】ryokuchakuma様のえちごトキめき鉄道ET122形1000代「雪月花」

 話題の観光列車の一つ。
 改造ではなく新造というのも特徴。それ故の妥協のないフォルムと設備であっと云わせたものでした。三セク鉄道が転換交付金で観光車両を新造するケースは80-90年代も見られたものでしたが、「雪月花」はクオリティも(あと料金も)ずば抜けたものであり、かなり思い切った投資であることが窺えましょう。
 ただ、昨今隆盛の客単価高くするビジネスが何時まで続くのか気になるところでは有りますが……?

 なお、電化区間のみを走るものの交直両用電車の新造を避け、気動車です。

(撮影 くろてつ様)
 シンプルな形状に見えて、実はレゴ的には難度も高い形状です。救いは赤という使いやすい色であることでしょうか。
 
 前面は縦ラインをタイルで表現。ここは横組も検討されたようですが、結局キャノピー使うことを優先で平面表現に。スカートの丸みも可愛い。

 側の大窓は天窓キャノピー表現。これがベストでしょうね。スロープ表現と違って透明性がキープされるメリットは大きいです。

 サイドの銀花模様は灰ラインでの割切りですが、これは違和感ありません。
 白い花と割りきって、レゴの花部品使う手も考えられはしますが……?

(撮影。ryokutyakuma様。特記ないものは同様)
 真正面より。このアングルだとよく雰囲気が伝わってきます。
 車両限界いっぱいの、ボリューム感のある形状です。


 北陸新幹線と。
 この並びはありえませんけども、新幹線からのお客を意識した列車なのが分かります。


 えちごトキめき鉄道ET122形 一般型と。
 こちらも新作。キャノピー+貫通ホロの表現は相性良いものです。

(くろてつ様撮影)
 実物との並び。
 やはり、難度高そうな題材ですね。上手い答えが見つかりません。

 しかし、魅力的な題材では有ります。
 改良、そして新たなチャレンジも期待されるところでしょう。
 
posted by 関山 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック