何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2016年07月09日

【作品紹介】レゴ5-udon様のE235系 6幅プラスαでリアルな車体断面表現

 レゴ5udon様はリアル系7幅表現が得意な方ですが(先の京急1800形など)、6幅レゴスケールで挑んだE235系も気になる作品です。


 グラデ表現は流石に割愛されていますが、前面の印象は正確にE235系。
 今のところ試作1本のみですが、今後はこの顔が増えていくのでしょうか(個人的には嫌いじゃないですよ?)。

 丸ブロックによる、車体裾の丸みがすごく良い感じなのです。
 車体幅は6幅……ではなく、6幅+プレート1枚分。通常の6幅に対して0.5プレート分だけ左右に膨らんでるといえば良いのでしょうか。

 そして、凝った側面へ。
 国電程度の車体裾の丸みは表現すべきか否かは難しい問題ですが、この作品では果敢にもカーブスロープで丸みをつけています。そして、車体側面もタイル張りで一体感を出す。無機的な印象になるJR東日本の標準車の表現の一つとして「あり!」なものでしょう。
 なにより「新しい!」感じがします。

 惜しいのは前面で、車体側面に合わせて高さを1プレート削ってあげるとよさ気なのですが……難しいのでしょうか?(屋根肩の ポチスロの下)

 足回りは発展途上? 自作の台車枠など有れば良い雰囲気にできそうです。


 上から。微妙な車体幅がわかりますね。
 
 6幅と言ってもいろいろな表現があります。
 タイル張りの側面は2014年ころから登場し始めましたが、徐々に広がりつつあるような気がします。答えは一つではありません。驚き、拝見したいものです。
 
posted by 関山 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック