何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2016年06月28日

【作品紹介】気分屋様の小田急ロマンスカーEXEと京急1500形(製作中)

 製作中というか試作品のアップでは有りますが、記事にしちゃいます。いろいろ参考になる作品ですので。


 小田急30000系。ロマンスカーEXE。
 あの配色は、数年前のレゴだと「不可能!」と云わしめるものでしたが、ダークタンの大量供給で一気に現実的なものに。ゴールドボディにダークタンはベストマッチです。
 角ばった造形の通勤ロマンスカーではありますが、それゆえに各部のラインやバランスは微妙なバランス要します。造形もまたベストなものになっておりましょう。前面下部の絞り込みが実に良い形なのです。ただ、スカートがレール面に引っかかる懸念は有りますが……。

 前面や側面の縦方向赤帯は現状で省略されておりますが、その辺も揃うと色添え華やかになることでしょう。前面はシール検討されてるとのことですが、側面は一部の色差し替えで実現しそうですね。

 また、EXEは編成の反対側は貫通型。そちらの表現も期待したいものです。


 京浜急行1500形。1985年登場の標準車ではありますが、戸袋埋めとか機器更新などで結構な化けっぷり。今でこそソファーシートな1500形ですが、更新前はぺらっぺらの硬い座席だったなぁ(どうでもいい話)。
 
 前面は微妙な折妻。下半分はヒンジ。上半分は内部で何か保持しているのでしょうか。上半分の額縁顔周りはなかなか凝った作りで、雰囲気がよく伝わってきます。ライトケースも1x1プレートの裏面使う大胆な手法ですが、あの時代の角ライトらしさが伝わってきます。

 側面。京急に関しては帯太さを1プレートか2プレートで迷うところです。でも1500形以降だと2プレートのほうが正解かもしれません。横組の側窓が美しい。ドア幅は2にするか3にするか検討中のことですが、全長28ポッチ前後なら2幅、32ポッチ以上なら3幅がしっくり来そうな気がします。

 屋根はポチスロ仕上げが綺麗。ただ屋根板は1プレート下げて屋根肩につなげてあげたいですね。
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック