何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2016年06月14日

【作品紹介】お米様のE233系電車。「テクニック」パネルな前面でJREの標準車を!

 Twitterより

 JR東日本の標準車、E233系に関しては既にいくつか作品があります。
 標準車だけに割り切ったシンプルな作り方が似合う……とか先にコメントしたところでは有りましたが、この表現は如何なものでしょうか? 製作中ながら、紹介させていただく次第です。

 ……いや、E233系は作る気は当面はないのに、自分もつい、当該部品欲しくなっちゃいましたからね(悪い病気だ……!)。

 %11946と
https://www.bricklink.com/v2/catalog/catalogitem.page?P=11946
 %11947。
https://www.bricklink.com/v2/catalog/catalogitem.page?P=11947

 いや、4幅車などにも大胆に使われつつある、「ベリースモール」なテクニックパネルなのです。


 前面表現。完璧!
 あの微妙な斜め形状が、まさかこの部品から得られようとは。そしてテクニックパネルの質感が妙に、JRE標準車の世界観とも合致しておりましょう。

 下半分の繋ぎも1x2系カーブスロープでベストバランス。

 パネルで囲まれた前面窓エリアは5幅として、6幅車体に調和させています。
 カーブスロープによるラウンド感が素敵です。ただクリアに出来ないので(意固地にもクリア系のカーブスロープを出さないレゴ社!)、ブラックアウト処理になるのは好みがわかれるかも知れません。
 クリア化しようとするなら、何らかのパネル系パーツを横組でしょうね。


 側面は最近流行りの?車体裾の丸みにもこだわった表現です。ポチスロで絞っています。ただ、個人的な意見としては前面との繋がりを優先すると、裾絞りは割愛されたほうがスマートに見えそうな気がします。シンプル感・すっきり感もE233の身上ですし。

 窓割も完璧を目指されているのが窺えます。
 4ドアであり、運転台窓やら第一ドアと第二ドアの間の小窓も表現されています。
 他の側窓も単に4幅ではなく、左右2プレートづつを削った凝った表現。また、ドアの凹み表現も。

 ややボリューム感が物足りないのは、屋根が未完成なのもあるかも知れません。
 屋根肩のポチスロが揃った姿なら、ふくよかなE233系らしいフォルムになりそうですね。


 内部構造。凝っています……。ドアの凹みを割愛するともう少し楽になりそうでは有りますが……。

 まずは1両でも完成になること、楽しみにしております。
 また、パネル使った前面は、未だいろいろ可能性有りそうですね。
 
posted by 関山 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック