何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2016年06月14日

【作品紹介】セロリ少佐様の「火砲車」。多砲塔的楽しさ♪

 最近のレゴ界隈はミリタリ関連が海陸空ともに盛り上がってる!

 さて、鉄道+ミリタリの接点。多いようで少ない。列車砲のたぐいは華やかですが運用がしにくい(というか難度が高すぎる)。

 かと言って、下働きの輸送列車は地味に過ぎます。
(いや、普通の貨物列車にさらっと戦車とは言わずとも、砲とか載せた貨車がついてたりするのは萌えますが。転地訓練だと普通に陸上自衛隊が……)

 その意味で、単独で動ける機動装甲車は興味深い存在です。
 この分野は詳しくはないのですが、第二次大戦は勿論、今も使われている事例もあったような無かったような(無論先進国や軍事大国ではなく、その周縁での話ですが)


 セロリ少佐様の作品です。
 特定モデルはないそうですが、WW2想定だそうです。

 Twitterより

 傾斜装甲が美しい。素直にスロープ使った造形です。砲塔の造形も綺麗ですね。

 そして小さな銃塔が「多砲塔的」な楽しさを演出しています。無論、フィグ乗りだそうです。


 側面より。通常のボギー車。走行面でも問題はなさそうです。自走は……将来の課題でしょうね。とはいえ、ミリタリモデルではモーターライズは必然ではないので、そこはムリしないほうが良いのかもしれません。
 あと、台車周りにシェルツェン……もといスカート着くと更にらしくなりそうな気がします。


 鉄道的観点から見ると、事業用車と同じ魅力を持ちます。
 砲塔を回したところは、作業中の魅力。


 モノトーンの、クールな作風の写真をあえて上げておられますが、MM的観点から見ると、人形(ミニフィグ)並べて情景を作って上げると更に絵になりそうです。1/35には人形セットが欠かせませんが(笑)、レゴミリタリは自由に動く人形が得やすい……というメリットがありますよね。

 ※:そうでもないか。いかにも兵士に転用できそうなのはみなさんよく分かってるので入手が大変(苦笑)。

 ともあれ、このジャンルも作品増えて欲しいと思うのでした。
 
posted by 関山 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック