何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2016年05月08日

【作品紹介】エース君の阪急1000系 合理的なのにかっこ良い! 流動感。

 阪急1000/1300系は2014年から導入され、数を増やしつつある阪急電車の新型車。
 大胆な?9000/9300系に比べ、先祖返りしたような大人しさと上品さ。いずれにしても上質さは変わりません。阪急電車の伝統。


 エース君にしては珍しい? 阪急電車。
 でも、ここ迄雰囲気を捉えてきますとは。

 阪急電車は例外なく前面は微妙な後退角ついて折妻に。それを無理に再現せず割愛されているのですが、スマートさというか流動感は失われてない。
 おそらく、スカートの丸みを強調しているからでしょうね。そこから、車体全体にその印象が伝わってくるのです。前面窓を茶色ではなく黒にしているのも側面への流れを作り出している……?
 まぁ、そもそも、ちょっとかっちりした印象なのも1000系列らしいのですが。

 屋根はレゴトレインやってると余りがちな(苦笑)、45度屋根ブロック。これも阪急電車ワンハンドル車の白屋根らしく見えるのです。

 そして、締めるべきところは締めてる。縦組みの貫通扉。目立つハンドレール表現も。ボールジョイント受けを使った連結器も好表現!
 前照灯のトランスライトブルー表現も不思議と様になっています。
 
 良い意味で合理的な作品です。
 恰も、1000系列の実車コンセプトに近いのかもしれません。日立の規格品の中で阪急電車らしさを最大に迫ってるのが1000系列なのですから。


 既に、3両編成を完成されています。
 3個つづの連続窓がまた1000系列らしい。新茶色の1x1ブロックが得られたら、また一層「らしく」なるんじゃないでしょうか。

 阪急もまだまだ作られていない形式が多いんですよね。過去のも現在のも。
 また、制作のアプローチもいろいろ有るように考えられます。
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック