何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2016年04月25日

【ヒント・アイディア】Architecture「Dalian Railway Station」? Nゲージストラクチャ素材としてのレゴの可能性/マロンDX様

 レゴにArchitectureというシリーズが有ります。
 韓国や日本の建物はすでに製品化例がありますが、よく考えたら中国は未だですね。

 あと、宗教系がタブーなのはわかるとして(つまり、著名な世界遺産やランドマークであってもArchitecture入りできない題材は多い)、鉄道駅もArchitecture化例は今のところありません。

 その辺を踏まえまして。


 マロンDX様の「大連駅」
 スケールが一瞬つかめませんでしたが、背景を見て納得。1/150か1/160と思われます。 言うまでもなく、Nゲージストラクチャとして。

 大連駅駅舎は満州国時代1937年に建てられたもの。言うまでもなく満鉄のシンボル的駅舎でした。上野駅がモデルだとも。ただ、上野よりも規模は壮大。さすが大陸。

 機能の特徴は、2階は乗車客用。1階は降車客用と機能を分けたこと。空港のターミナルビルと同じシステムで、これは1937年当時では画期的なものであったでしょう。

 その後、新中国成立後も長く使われ続け、無論 現役。
 1990年代から2005年ころまでは正面に大きな看板を乗せてしまいやや景観が損なわれましたが、今は撤去。また建物自体も小綺麗に整備されている由。


 直線的でどっしりしたフォルム。無機的なレゴとの相性は抜群!
 建築としての美しさを魅せるという意味で「Architecture!」と思うのも宜なるかな!

 実際大連駅クラスの駅舎をNゲージスケールでガチで作ろうとすると……いろいろ考えこんでしまいます(建築模型の領域。コスト、手間……)。
 レゴが寧ろ手軽な解決方法であるのは興味深い。トライ・アンド・エラーもできれば、飽きたり邪魔になれば材料に還元も出来る。メリットは大きい!

 また、レゴトレインのスケールで大連駅……も気が遠くなります。
 不可能ではありませんがそれなりの設置・工作場所とできれば、「スポンサー」が欲しくなりますよね? 京都駅みたいに(笑)。いやあの京都駅よりも壮大な……。

 その意味で、Nゲージスケールなら「あり」でしょう。無論、大連駅に限らずこの種の大規模建築とレゴの相性は良いはず。大陸の新天地のごとく広大な可能性、眠ってはおりませんでしょうか?

 さて。
 小物類はレゴで作るべきか(2幅のバスなど)? はたまたNゲージ用を利用するべきか……? ここは「どちらの世界観を選ぶか」でしょうか。


 背後のNゲージでスケール感が伝わってきます。
 沢山のプラットフォームと線路(無論 Nゲージの)を並べてみたくなります。ここは車両は昔アリイ(マイクロエース)がリリースした「あじあ」号がベストマッチ?
 いや外国型車両国際色豊かに並べるのは有りでしょうか。そこに日本代表で「富士」(国際連絡の1/2等専用列車としての。牽くのはC53!)辺りいても良いのかも。おそらく、作者の狙いはその辺りにあるのでしょうし(笑)。

 残念ながら現代中国型のNゲージは殆ど製品がありません。HOゲージならそこそこ出回っているようですが(え、E2を塗り替えてCRH2風に? うーむ)。
 その意味でHOゲージの大連駅……可能でしょうか? 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 そういえば、1970年代のドイツの鉄道模型カタログ(フライシュマンだったか?)でストラクチャーとしてレゴを含めてる写真があったとか、「とれいん」誌の1977年1月号(通巻22号)「ポプラー広場」ではメルクリンのミニレイアウトのストラクチャーに効果的にレゴが使われてたりします。


 また、1980年代のプレイモデル誌でダイヤブロックで日本形Nゲージストラクチャー作る記事もあったりしました(号数不詳)。いや、今はナノブロック……ナノゲージもあるのか。

 こうした利用も、再度注目されてば良いなぁと思う次第です。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒント・アイディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック