何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2016年04月14日

【鉄道作品[日本形]】嵐電の「親子電車」。クハ201。



 先のモボ121形の改修のあと、勢いに乗って相棒のクハ201も造ってしまいました。

 さて。
 日本の路面電車でトレーラ(付随車)は非常に稀な存在であり、例えば札幌市の「親子電車」M101+Tc1(1960年)は失敗作(早々とTc1が廃車)。
 しかし、同じコンセプトの嵐電モボ121+クハ201は札幌市よりずっと早く実現し(1952年)、ずっと後まで(1996年)電動車が必要に応じて付随車を解結する運用が為されていた由。どの電車でもクハを付けられるわけではなく、モータを強化したモボ121形の一部に限られ、モボ+クハは4組が存在。
 嵐電作るなら、この特徴的な車を避けては通れませんよね?





 モボと同じデザイン。とはいえ片運転台で左右非対称の外形。
 レゴ的にも無論付随車。ただ、低床化の工夫を要されるのは電動車同様ですが。車体側面の車輪と干渉する部分はタイル張りとなります。


 連結面。こちらも運転台側と同じ丸妻処理。優雅なものです。
 連結器はドローバも考えましたが、トラブル懸念して磁石式に。気軽に連結開放楽しめます。


 繋いだところ。列車ではなく、飽くまで路面電車的風情を保っているのが嵐電の不思議なところ。全長は30mに及ぶので、実は一回り大きく見える「叡電」の2連と大差がありません? 
 トレーラこそ過去のものですが、今も嵐電の多くの便は電動車同士の2両編成で運行されています。


 クハを前にして。
 トレーラの一般的な海外の路面電車でも、多くは純粋な付随車でしたから(ループ線などで方向転換前提)、運転台を持つ制御車である京福クハ201と札幌市Tc1は特殊な存在でした。




 京阪(風の)バスと並走!
 それっぽい町並みとか欲しくなりますね。


 旧型同士の並び。

 嵐電の催事は遠からずあるようなので、この編成も現地でのお出まし、叶いそうです。
posted by 関山 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道作品(日本形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。