何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2016年03月01日

【作品紹介】真打ち!? dyson様の名鉄850系「なまず」

 昔の名鉄には2種類の流線系電車がおりました

 一つが「いもむし」「流線」と称されてた3400系電車。流線型のスカートで覆われた足回りは格別。4両固定編成x3で、AL車の中でも半ばエリート的存在。

 もう一つが850系。こちらは流線型も中途半端(製造中に設計変更したという話さえも)。足回りは普通の電車と同じ。2ドアロングの平凡な車……? 2連2本が存在しましたが、1本は早期に廃車されてしまう。アダ名は「なまず」。真正面から観ると鯰そのもの。

 ※:あと瀬戸線にガソリンカー改造のも居ました。渥美線にも……。そのへんは語ると長くなるので別の機会に。
 5000系やパノラマも流線型でしたけど、そのへんは仲間にしないのがお約束です。

 しかし、外見は好みの問題。
 3400(原型/更新後)よりも、前面の雨樋を下げた日車流線系顔の850の方を好むファンも多かったのですね。類似車両も「国内では」※※早期に姿を消してしまったため、1988年迄運用されてた850系は貴重な存在でもありました。

 ※※:樺太には同型の顔の気動車居て、ソビエト解体後も残ってた由。また満鉄ジテ改造の撫順鉱務局の電車も2000年代まで現役でした。今はどうしてるんでしょ?


 前面は以前紹介した時と同様。
 戯画的表現はいつものことですが、特に850系には似合って居ましょう!
 前面下部は傾斜してないのに、前サボの傾斜のおかげで流線型の一部に見えます。三枚窓も真ん中のみ傾斜、左右は角度付けるだけでもそれらしく見える。

 おでこの大胆さは凄いですね。この種の顔作るときに普通は考えつかないような手法。おかげで雨樋部分が強調されてる。


 側面は、二段窓が横組無しですんなり素直に表現されています。電車の二段窓は表現難しいものですが、この表現もあり。窓数は少ないのですが、それが自然に見える作風でもあります。

 シルヘッダーは窓下は強調表現。窓上は省略ですが違和感有りません。
 幕板の微妙な広さというか重苦しさ?は実車の印象を正確に掴んでおりましょう。

 屋根は薄めかつツルツル。ベンチレータもまた強調表現。
 

 勢揃い! 
 左から850 800 3600 3900 7300。
 そしてSR車5200 電気機関車デキ600。Dyson様の「あの時代」名鉄コレクションがここまで充実したのも凄いのです。
 ……ですが、未だ著名なのが何形式も残ってるのが名鉄沼の深さ。更にハマってもよいのですよ? あれとかあれとか期待しております……。
 
posted by 関山 at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック