何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2016年02月22日

【海外作品紹介】#60051がこうだったらなぁ。Bernd Herbert様のICE風アレンジ

 現行のレゴトレインセット、「ハイスピードパッセンジャートレイン 60051」は評判が割れます。
 というか、一体成型の前頭部はこのブログの読者諸兄にとっては好ましくない部分でしょう。思えば、もう2年前になる発売当初から(あぁ、オリンピックと同じ頻度なんですよ! Cityサブジャンルとしてのレゴトレインの悲劇!)、改良というかアレンジは試みられてきました。運転席を上に乗せてVSE風もあり、そして王道はドイツのICE3風。

 これは決定版になりましょうか?


 Flickrより。
https://www.flickr.com/photos/126366721@N08/sets/72157646669944185

 撮影の舞台が良すぎるのはさておき(笑)。
(以前も記事にした、ドイツの野外運転レイアウト。羨望!)

 あの60051がここまで、化ける。
 帯パターンを変え、トレインプレートを白のものに。
 そして前頭部は自作シール。しかし、不適切な使い方ではありますまい! 言うまでもなく「DB」マーク。
 車両の雰囲気は、60051らしさを保っています。パンタ位置は「確信犯」かも知れません。


 作品名は飽くまで「ICx」ですので、ICE3に似せることよりも寧ろ60051を如何にリアルなICEシリーズに見せるか……を意識しておりましょうか。
 おかげで、自然な、無理のないアレンジにもなっています。マニアの作品ではなく、レゴの製品的な。それも対象年齢やコストの制約のあるCityカテゴリの。

 記事の表題ですが、「60051がこうだったらなぁ。」という雰囲気そのもの。
 これなら一体成型前面でも必然性は高かった……のかも知れません?
(いや、それでも#7938のような自分で前頭部を作るほうが良いけど!)


 このアングルからだとシールのパターンが分かりますね。
 窓のつなぎ方もポイントです。

 地味に効いているのが床下機器を黒にしたこと。引き締まって見えます。

 

 何かに似せようとして、或いは似ないようにしてデザイン。
 それが失敗してるような印象を受けなくもありません。

 この製品がイケないというよりは、レゴトレインの製品ラインナップが余りに貧弱、かつ新製品頻度が低すぎることに問題があるような気がします。幾つもある中にコレなら問題もないのですが……。「これしか無い」に近いですからねぇ。

 他ジャンルだと成立する「製品を素組で、或いは箱のままコレクションする趣味」が成立しないレゴトレイン。この問題は深いです。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック