何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2016年02月21日

【イベント】2月21日 あおなみ線運転会レポート(ツイート写真より)地元新作いっぱい!

 参加できなかった2月の「あおなみ線運転会」
 今回は関西からの参加があり、大変賑やかなものになった模様です。サラッと新作も多く披露され、くらっと来るような催しになっていたのでした。

 なお、主催のdumi様が多くの写真をツイートしてくださり、記事に使いやすい状態になっておりました。状況を伝えてくださり、感謝いたします。


 dyson様撮影。左がdumi様のあおなみ線1000系。右はdyson様の新作313系。
 

 dyson様撮影。名鉄AL車6両編成。
 予告されていた「なまず」850系2両が編成半ばに見えます。
 その後ろにつくのは新作7300系?


 dyson様撮影。名鉄AL車6両編成。別角度より。
 詳細画像得られ次第、別記事にしましょう。


 dumi様撮影。左がdyson様の7300系。右はエース君の5700系。どちらも新作です。
 早く紹介記事書きたいです。


 dumi様撮影。でぃるてぃっく様のAPT-Eと、エース君パパ様の伊勢志摩ライナー。
 ところで、入換信号機や分岐での車両限界票?がえらく細かい。そして雰囲気を盛り上げています。右手の車輪止めも注目!


 dumi様撮影。エース君のIC3。独特の前面形状。


 dumi様撮影。まちゃ様のケーキ屋さん? 趣味の良いミニモジュールです。
 奥には列車並び。


 dumi様撮影。エース君パパ様の叡電800、自動運転デモンストレーションも行われていました。ポイントtoポイントの運転は可能性を広げる。


 dumi様撮影。勢揃い! あおなみ線1000系が揃う!
 左端の近鉄も名古屋線の車のようですね。


 dumi様撮影。別角度より。近鉄、屋根のポチスロとか側面の処理とか、エース君の技量向上を感じさせます。


 dumi様撮影。エース君ファミリーご一行。

 ホームドアの詳細が分かります。点検蓋も再現されてる。青も拘り。細かい……。


 dumi様撮影。行き交うあおなみ線1000系。ここにふさわしい情景です。
 背後に見えるのは新兵器? LEDドットディスプレイ(=行先表示器?)。車両の紹介や行き先表示が可能なのだとか……。


 dumi様撮影。1000系と313系。同じ時期の日車製であり姉妹のような電車なのですが、デザインは対照的。




 dumi様撮影。mazta-k様の近鉄50000「しまかぜ」。旧作ではありますけども、もっとも華やかな近鉄特急。魅力は色あせません。
 また、モダンなプラットフォームにもよく似合うものです。


 dumi様撮影。しまかぜラウンジ車インテリア。


 dumi様撮影。同 コンパートメント車インテリア。和風個室や洋風個室。拘り!


 dumi様撮影。作者不詳(dyson様?)の名鉄凸型電気機関車。デキ600形でしょうか?
 非常に精細で、また凝った作り。8幅ならではのデキ……もとい出来映え!
 台車は動力台車か? この形状でPFで自走できるのでしょうか……? その意味でも気になる作品です。詳細な情報が欲しいところですね。


 dumi様撮影。全景。見事なまでに地元名古屋の電車古今の大集合。


 dumi様撮影。IC3とAPT-E。そしてAPT-P。この駅の雰囲気、外国型でもまた似合うのです。APTの色って鮮やか。実物のコケっぷりはともかく、十分に美しい列車と言えるでしょう。


 dumi様撮影。こちらはイギリスの事業用車。でいるていっく様の英国面炸裂? です。
 次回は既報通り、3月21日とのこと。
 春休み中ゆえ、また、盛り上がりそうですね。
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック