何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2016年02月18日

【作品紹介】シンプルイズザベスト!? エース君のあおなみ線1000形

 シンプルイズザベスト……というのは言うは易し、の典型のようなものでしょう。
 言うほど簡単じゃない。

 でも、この題材とエース君の作風。素晴らしいマッチングを見せてはいないでしょうか?

 名古屋臨海高速鉄道1000形。
 色々不思議な電車です。全線高架・ホームドアという条件とはいえ、排障器(スカート)なしは現代の電車とは思えぬ。
 そして「愉快犯的意味での確信犯的」なスクウェアなデザイン。ベースがJR東海313系という話も聞いたことがありますけども、丸い313系とは余りに対照的。

 敢えて申せば、「AGT(新交通システム)のような鉄軌道電車」という雰囲気なのですね。ちなみに車内も遊びココロのあるロングシート意匠だったり。


 4両、フル編成。
 スクウェアなのに、無愛想でもない。あの雰囲気が顕れています。
 シンプルなのに、何故かリアルティがある。

 アクセントになっているのは「手すり」。ここは先行するDumi様の作品でも凝った表現がなされておりました。この電車のデザインの肝なのでしょう。

 色は新濃灰。いつの間にか「今風の」ステンレス車体の表現として定着してきました。新灰と迷うところですけど、どっちもありとしか申せません。

 3ドア。ドア配置窓配置は省略なし。窓間の青濃淡が綺麗。理想を申せばドア部分に沓摺表現があればとは思いますが、未だ難しいでしょうか。

 ライト内蔵も特筆すべき。いや、この車両の雰囲気にLEDの光が似合うじゃありませんか。


 真四角……な全体だからこそ効果的なのは丸みを持ったクーラー表現。
 メリハリは大事です。

 技法手法という意味では対照的な、dumi様の同題材との共演も楽しみです。
 「どちらもあり」がレゴトレインの良いところなのですから。
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック