何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2016年02月13日

【海外作品紹介】delayice様のEF510形「北斗星」仕様。マスコット的造形。解釈。

 EF510形電気機関車(JR貨物及びJR東日本)はこれまでも多くの作品がありました。
ですが、ここは新顔です。これまでにない解釈・造形の!


 Flickrより
https://www.flickr.com/photos/78263514@N06/
 delayice様は香港か台湾か中国か……の方と思われます。

 トレイン作り慣れておられるか否かは定かではありませんが、前者なら良き確信犯。後者なら先入観に囚われぬ作品と申せばよいのでしょうか。

 印象は「マスコット」。
 でも、トレインレールに乗っている、6幅の作品なのです。

 先にディテールから見てまいりましょう。
 窓はブラックアウト処理ですが、機関車では気になりにくいです。このおかげで前面窓は微妙な大きさが表現できていますし。裾の「レール」はなるほど!って感じ。

 下部ヘッドライト(ライトケース)の表現も独特。似ているかというと似ていない? でも他表現に勝ってもいます。どうやったらこの表情へのアレンジが出てくるのでしょうか?(誤解無いように、褒め言葉です)。

 手すりや解放テコといったディテールも忘れていません。
 マスコットだからこそ、ディフォルメモデルだからこそツボを抑える重要さ。あぁある程度鉄道車両をわかってる方の作品か?

 側面は横組の機器室窓。そして同じく横組の大型ルーバー。
 奇数幅で横組をしているのですが(つじつま合わせが面倒!)、車体を「凹」型にして、そこだけ奇数幅横組しているので、辻褄合わせる必要はないと。

 屋上機器もえらく精細な印象。
 パンタが上がって居ないのは惜しいです。

 さて。
 この機関車のマスコット的魅力は足回りに尽きましょう。
 B-B-Bの車軸配置を省略無く。しかし、使用しているのは小径車輪。端から走行は考慮していない。おかげで低い腰に。

 いや、電気機関車造るときは客車や電車より「腰は高くする」のがセオリーなのですが、敢えて逆張り、「腰を思いっきり低くする」ことで生まれた不思議な効果?
 この腰の低さゆえに、上回りも含め得も知れぬ「可愛らしさ」が強調されているのでしょう。寸づまりなのが小動物的可愛さと言いましょうか……。はたまたぬいぐるみか。

 なお、背景セットも見逃せませんね。
 ファンシーといいますが、舞台的といいますか。


 この作品作風、そのまま、リアル志向の作品。或いは走行モデルに使えるものではない? しかし、このテイストも見逃してはいけません。何か学べるもの、進化に繋がるものがある筈ですから……。
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック