何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2015年12月31日

【イベント】鉄道模型芸術祭 2日目レポート「2015年の、締め!」

 間にコミケを挟んだせいで随分前のような気がする鉄道模型芸芸術祭ですが……あの、まだたった4日前のことなのですが(驚)。
 それほどに、その前後は「濃い」日々であったと言うべきなのでしょう。

 で、2日後には福井オフ会です。
 オフ会 2週連続なのですね……(異常だ)。

 幸か不幸か1月の福井以降の予定は現状未定ですが(JAMやブリックフェスタは堅いとして、未だ半年以上先)
 なにもないなら自分が仕掛けますかね?




 10時の開場前の撮影。南海+近鉄祀。


 同じ時代の車。10000形旧ビスに南海11001形。
 後者も貫通型の初期車は1972年には全部廃車されているので、どちらも幸薄い電車といえるのでしょうか。


 南海に揃える。この駅を難波に見立て、11001の特急と、2001形+4801の南紀直行が行き交うあのシーンを。


 でも、指名が多かったのは…やはりVSEでした。今風のも用意する重要性。

 まぁ、普段の催しだと今風のは自分が作らなくても……という流れになるのは事実なのですが。


 ペイ様の鉄道博物館前をゆく。




 金太郎も同じく。でも901号機というのは自分の意地ですよ?
 EHというとそろそろEH10を考えたくなってる今日このごろ……。レゴトレインの古典テーマではありますが意外と「今の水準」の決定版がないのです。


 この日も「青大将」大活躍。ただ、走らせ続けると緩みとか起こるようで、其れが原因の?トラブルが有りました。あとPFで2M車…電池の消耗が凄い。そろそろエネループ?


 王道。151系。485系という声が上がりましたが、こっちが謂わば元祖なのですよ!
(いや485系も興味はありますけどね! クハ481-501は既に遊んでますし)
 大きな窓のクロのインテリアは割と至急の課題かも。

 あと4連はあまりに短いのでせめてあと2両は……。


 NSE。151系も低重心車両ですが、うちのNSEは通常車両よりガチで1プレート、床面高さを下げてる由。それ故に先頭台車はテク軸による自作台車となった由。


 上から見下ろす。日曜日は土曜日より、心なしかお客様も多かった模様。
 
 実はレゴトレインとプラレールは入場料金を払わずにも見学できたのですが、他の有料エリアもお客様はいっており密度濃い。全体に盛況と言える催し。主催サイドの評価はわかりませんが参加者観点では「成功!」といえたのでは?


 本日はbikkubo様のDD51も登場。フルスケールゆえ、タキやシキと世界観が揃う。
 実物も引退が見えてきた機関車。これから人気者になりそうです。


 旧ビス+新ビス走らせてても、子供から「ビスタカーだ」という声が上がるのはちょっと嬉しかったです。次は2200系(当然2301や2600組み込みの派手な奴)作ってくるので覚悟しておくように(笑)。しかし、一気に2250系初期案(前面展望車)もありかしら?


 ネタというのは失礼な、JOKER様のジュラシックパークな恐竜輸送車。これもうけの良い題材でした。輸送方法はちょっと可哀想ですけども(笑)。


 密度感のある景観。JAMなどでの標準テーブル(750mmx1700mm)を2列に並べて、線路並べまくって手前ヤード、内部に建物という配置は今後の標準化できそうです。

 建物を外にだすのもありですが、触られるリスクが有るのは難。動くものは「防壁」になるのです。


 これはしっかり紹介すべきと思う、なし様の信号機塔。メンテ通路が印象的。ミニフィグ立たせても良さそうです。


 根本には船用のウエイトブロックが入っているそうです。

 阪和線ではライバル? 特急「くろしお」と南海電車? キハ81使ってた時代は阪和だけで特急乗る人もいないって? うーむ。


 クロ151と、キハ81。至高の並び、並走です。

 ある意味、2015年の代表作はこの2つ+青大将かも。
 「JNR」ってわかりやすい、伝わりやすいんですよね。


 流線型先頭車作ってしまうと、貫通型が地味に見えるの法則。
 南海11001然り、新ビスも旧ビスも。

 でもキハ82は十分に美しい車! 短命に終わったキハ81と違い、相当に長くJR化後も活躍続いた名車でもあります。


 Joker様のドリルカー。走行が叶わなかったのが残念すぎます。東宝特撮的ムード濃厚。ある意味、JNRワールドに並べても似合ったかも?
(まぁ、特撮映画って殆ど鉄道系はヤラレ役なんですけどねぇ)




 地味ーな並走? 南海同士。
 さて次の課題は荒野の女王もとい高野の女王……高野線特急車か。無論ズームカーより前のですよ?


 C55の曳く20系。これも走行性能安定していたので割と出番多し。
 C57の20系特急はありましたので、C55の代走は…ないわけがない?

 ところでエンジンドライブvsテンダードライブ という宗旨論争がありますが(レゴに限らずNゲージでも)、後者は機関車の造形がすっきり、特に「動輪の向こうが透けてみえる」メリットは大きいのですよ!

 あと、うちのC55は2C1を「1+1C+2」にアレンジしてる由。これが安定してるようなので、C53もこの手で行ってみますか…?


 JOKER様の8620風蒸機はほんとに使いやすい機関車でした。
 実物がそうであるように客車も貨車も曳ける。短編成で様になる。

 で、ここで意識したのは「南紀直行」の国鉄線内イメージ(笑)。
 茶色の客車に1両緑の社車がぶら下がるような編成。いや牽いてるのはC58かDF50辺りが似合うのであろうなぁ…。
 オハ35やスハ32、スハ43を自前である程度揃えるのは今後の課題です。理由、潰しが効く!


 最後の1時間ほど。
 AWAZO様がやっと到着。今年作品の飯田線旧型国電をお披露目。
 古くはGM板キット、今はKATOの完成品でお馴染みの存在でも。クモニ83100+クモニ13+クモハ53007…。美味しいとこ抑えてます。


 クハ55+クモハ53 どちらも半流線型の車同士。






 ラストスペシャルもう一つ。bikkubo様のシキ610形。特大貨物輸送!
 フルスケールというか、車輪数を再現しようとするとこの全長以外にありえないんですよね(笑)


 これもラストスペシャル。きせのん様の12V風小型ディーゼル機関車。
 製品風のワム車が妙に似合います。ベースは欧州型のはずなのにワムとヨを従えると、こんな日本型プロトタイプも居たっけなぁと…。




 締めはロマンスカー。
 ただ、気分屋様やsauseiji様のLSEとかHiSEが登板しなかったのは残念過ぎますね。いや、あの作品があってこそ自分もVSE/NSEをやってみる気になったのですから。


 さて、なし様の作品に強烈なものがありました。
 これは別記事にしましょう。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 
 年末の忙しい時期でありながら濃厚な催しでした。
 来年以降も続くこと、願っております。

 また、ご覧くださった皆様。日本鉄道模型の会の皆様に感謝申し上げます。
 素晴らしい建築やアクセサリを用意してくださったpgy167様 なし様 JOKER様 ペイ様にも。忙しい中車両持って参加してくださったアイン様 しょうたいむ様 きせのん様 awazo様。有難うございました。

 2016年も、よろしくお願い申し上げます。


 あと、デンマークの某世界最大の玩具メーカーへ。
 2016年こそ、さっさと10000代のトレイン次作出せやゴラ。Cityかクリエイターカテゴリ(出来りゃ後者)で単品鉄道車両用意しやがれ。と。あそこだけやる気ないのが悩みですねぇ。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック