何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2015年10月28日

【作品紹介】エースくんパパ様の叡山電鉄「ノスタルジック731」完成!

 そういえば。
 夏の叡電の催しで、叡山電鉄の社長さんとお話した時「レトロ復刻塗装とかラッピングでもあると嬉しいですね」とか好き勝手申してしまったような。その時のご反応は失念してしまいましたが。

 あぁ、実はこんなものを仕込まれてたんだなぁ……と、その発表時に驚いたものです。そりゃ公式発表前に「やりますよ!」とは言えませんよね(笑)。

 「ノスタルジック731 運行について」(叡山電鉄公式 PDF)

 言うまでもありませんが、夏の地点では企画かたまり準備もされていたのでしょう。

 実物写真など見ますと、巧くデオ731号をデナ1形の登場時風に化けさせており、沿線の雰囲気にもマッチングしているようです。
 何より嬉しいのは外装だけでなく、インテリアも木目にしたり手を入れていることでしょうか。こうした頑張りは応援したくなります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 さて。10月31日の「えいでんまつり」控えた、レゴ叡電部隊はどう反応するかと思っておりましたら。
 いやまさか、既にデオ720/730形を造られてきたエースくんパパ様が仕掛けてこられました。


 元のデオ720/730の地点で精細で目を引いた作品でしたが、これが濃緑の渋い姿になると鬼に金棒! この数年で随分状況好転してきたといえ、濃緑って未だ存在しない部品やら恐ろしく高価な部品もあり、このカラーチェンジは簡単ではなかった筈。
 それだけに、この車の価値は大きなものでしょう。

 茶色のドアは凹表現と両立。沓摺やナンバープレートの灰や銀も映える。
 そして、茶色の窓まわり。横組と順組の組み合わせで微妙なラインを出す。

 シールに頼っているのはヘッドマークと側面の「叡山電鉄」のみ。最小限なのに最大限の効果! 自作シールアレルギーの方への薬にもなるかしら?


 八瀬比叡山口駅に佇む。
 駅と電車のレゾリューションが揃って、綺麗さ際立つ。


 そして同じく新作の出町柳駅に。
 この雰囲気の中にいると、本当に1950年代前半の「デナ1」の様に見えてくるので不思議です。無論、2015年現在の設定で「きらら」と並んでも素敵でしょう。

 10月31日の「えいでんまつり」の主役間違いなし!ですね。お客様の反応など今から楽しみでなりません。


 最後に蛇足。
 叡山電鉄さん、今度は鞍馬行の方にデオ800形あたりをデナ20形風に見立てた企画をやって下さいませんか?
 緑とクリームの塗分けこそが「えいでん」という方もまた多いと思うのです(笑)。
 
posted by 関山 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック