何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2015年10月16日

【作品紹介】ルビー様のキハ40 急行色完成 フルスケールで8幅。妥協なし!

 これまで「フルスケール」とか言われてきた作品でも、窓やドア数は微妙に省略されてきたのがレゴトレイン作品。

 しかし、この作品は「ガチ」なのでした。窓数省略一切なし!

 以前製作中を紹介した、ルビー様のキハ40 急行色(新潟地区)が完成しています。


 サムネイルだとレゴに見えない! のがこのスケールの醍醐味でしょうか。
 全長は恐ろしくて数えたくもないのですが(笑)、52ポッチ位? レゴスケール2両分ですね。スケール違いというか、ここまで可能性を許容するLゲージのポテンシャル! というべきでしょう。通常レゴスケールがNゲージなら、この作品はHOゲージ相当とみることもできるのかも?

 トレイン窓と2x3窓で違和感ない側面は先の記事の通り。
(ハーフトレイン窓の赤が高価故使えないのもありますが、あれだとキハ40の細窓らしさが出るかどうか?)
 圧巻はリアルな床下機器。ハンドル付きプレート駆使することでパイプング表現にしているのは上手いのですね。


 前面も若干修正が入っています。
 以前のバージョンではキハ40の微妙にブサイクな、でも愛すべき顔が表現……という感じでしたが、前面窓上下方向に拡大することで(僅かに1プレート分!)、印象を若干マシ……もとい美形にしていましょう。でも、キハ58とはちょっと違う!感じも未だ残っています。
(キハ58の顔、もう少し締まってるんですよね。前面窓が少し低い分))

 ともあれ、8幅として左右方向上下方向にもベストな寸法を実現して、妥協なきスケールモデル。ということは伝わってきます。

 ライト点灯。
 パネル縁を使った方向幕。
 車体裾の微妙な絞込(ここはLime様の作品とは対照的な表現。というか良い意味で両極端な作品かもしれません)


 屋根上も妥協がありません。つるつる仕上げ。
 後付けの冷房装置で複雑になってるのが再現されています。思えばキハ40も長い時間を活躍しちゃったものですね。もう40年近い。冷房乗せてからも20余年か。


 テールライトの点灯状態。蛍光灯の明かりが漏れてるのも暖かみ。自然な、当たり前な。
 リアルな、地方の普通列車の姿。ノスタルジーではないけど、限りなく旅情を掻き立てられる光景に見えてきます。今の鉄道情景もまた捨てたものではないと!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 8幅フルスケールというジャンルはあらゆる意味で高難度(資材・コスト・工数・置き場所……)。しかし、一回りも二回りも大きい迫力。妥協なき造形。

 そんな高難度の中でも、単行でも様になり、仲間も増やしやすい「気動車」はベストな題材なのかも知れません。同じキハ40でもよし、片運ドア配置違いのキハ47。或いはキハ58とかキハ52……。仲間増えること、願っております。
 
posted by 関山 at 18:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
紹介記事ありがとうございました!
今見ると前の記事の写真がすごく恥ずかしいです(笑)
車体裾にかけての絞り込みはそれなりに頑張ったつもりですが、Lime様の作品を見て、まだまだ学ぶことがあるなーととても参考になりまし

ライトは南武支線からの使いまわしです 前照灯の位置が屋根すれすれの高さなので、上に光が漏れないようにしてあります(反対に尾灯の後ろの乗務員室からはあふれる光がw)
次につくるとなればおそらくキハ48になりますね
Posted by ルビー at 2015年10月18日 01:53
いい出来ですね。
当方も8幅、フルスケールを手がける関係で非常に興味深く拝見いたしました。
掲載の写真をもとにポッチを数えてみたら全長58ポッチ。
ライトは点くようですが動力付だとすればさらに興味深いですね。
これぐらいの大物となると、中ががらんどうでもかなりの重量になる筈です。当然、重さは走りにも影響します。
どんなモーターをいくつ積んでいて、どれくらいの牽引力があるのか? スピードは出るのか? 死重の有無などなど、関心の種は尽きません。
Posted by K.Matsubara at 2015年10月18日 03:42
K.Matsubara 様
コメントありがとうございます!
諸所の疑問点についてお答えします
動力は今のところ、PFのトレインモーターですが、PFの5幅のモーターに換装する予定です
1Mから勾配を考えて今後2Mにするかもしれません
重量は分かりませんが、トレイン窓のおかげで、ある程度軽く感じます(205系よりはw)
牽引は当分せず、単行で走らせるつもりです。仲間が増えたらつなぎます(笑)
Posted by ルビー at 2015年10月19日 01:07
ルビー様
返信ありがとうございます。
8幅フルスケールの車両を満足に走らせようとする場合、牽引機の動力システムは何かと頭痛の種です。空転やら鈍足やら6幅ではあまり起こりえないようなことが起こるので、他の方はどうされているのか気になったもので思わず書き込みました。
とはいえ、ここは質問コーナーではないので返信は期待しておりませんでした。ご回答いただけたこと感謝いたします。<(_ _)>

個人的な経験として、やはり8幅フルとなると、XLモータ2基搭載の上、必要に応じてギア比や死重の調整といった細かな配慮をしないといけないようです。そこまで何となく判っていても、上手くいかないときは上手くいかないんですよね。
悩むのが嫌なら6幅に戻ればよいとは思うのですが、8幅の作り込む楽しみを覚えてしまうと、今更戻る気がしない。困ったものです(笑)
Posted by K.Matsubara at 2015年10月20日 02:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック