何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2015年09月30日

【イベント】完:えいでん夏祭りレゴトレイン展示。秋に向かって!



 ……と申しますのは、10月31日(日)修学院車庫での「えいでんまつり」も控えているからです。ここにも叡電レゴトレインが更にパワーアップして大集合! 
 「八瀬比叡山口駅」に次いで「あの駅」も制作されますし、話題の「あの車両!」も制作されるとか……? 秋仕様へのバージョンアップもあり!

 そんなわけで遅くなってしまいましたが、えいでん夏祭りの二日目を回想してみる意義もあるってものでしょう(ちょっと強引)。

 なお、先に記しておくと二日目は15時に関山は下山しています。
 そのため、14-15時の記録のみであることご了承ください。
(夜間の画像、どなたかお持ちではないかしら?)
 過去記事こちら
「続:えいでん夏祭りレゴトレイン展示。「えいでん」こそ主役! 」
http://legotrain.seesaa.net/article/424016086.html
「えいでん夏祭りレゴトレイン展示。初日レポ速報版 」
http://legotrain.seesaa.net/article/423838722.html


 大きく変更。改善された全体レイアウト。
 手前が八瀬比叡口、ずっと奥手に修学院車庫。叡電全線を上手くミニマルなサイズに押し込んだレイアウト。


 全景その2。手前にひろびろとした空間作って見栄え良く。裏面は密度を濃く。
 左手が山(鞍馬や八瀬)、右手が街……という感じですね。


 全景その3。「もみじのトンネル」夏仕様も「仕込み」有り。
 森が八瀬駅にとっても背景になる配置は上手いのですね。


 全景その4。電車庫。右奥に対面ホームの駅もありますので、その意味で修学院駅になっています。この先に線路を伸ばしたら「ガチ」ですね。今回のスペース的には無理ですけども。




 今回は「叡電縛り」の運転でしたが。でも京阪特急(1900形)は特別運転。
 一応関係の深い会社ですから。あと、京阪の出町柳延長がもっと早ければ3連程度の京阪特急が直通したかも……という話はあったのです。3000系を京阪直通のメインに、1900形は叡電直通用という使い分けされてたりして……と妄想(笑)。




 しかし、現在の叡電にはデオ900形「きらら」が居る。2ドアセミクロス……ですので、さり気なく「幻の京阪特急直通」と同様ですね。
 mazta-k氏制作の橙編成。


 開始は14時でしたが、始まってまもなく子どもたちに大好評。
 初日よりも客入り良かったようです。アピール効果あってよかった!





 一晩で小改修されてきた八瀬比叡口。なんとLEDライト新設(社外汎用品)
 エース君パパ様、お仕事早すぎです。


 駅前広場も交番や茶屋など、実物同様の配置に。
 なお当日は屋台店など出てて賑やかでした。




 デオ900「きらら」。こちらは薬師山様の赤編成。叡電の真骨頂って「街」と「山」をショートに結んでることなんですよね。東京(関東)にはない不思議な乗り物です。小田原まで入ってた頃の箱根の登山電車がちょっと近かったかも。


 薬師山様の作品が並ぶ。デオ900 デナ21 デオ600……。デザインの方向性がそろっています。省略とかディフォルメの方向性が揃ってるといいますか。
 

 好きなアングル。拙作デナ1。この車は自分が帰ったあとも終日運転続けてくれた模様。

 「ふるいみどりのでんしゃ」は好評だったようで何より。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 思えば、夢の様な2日間でした。
 山奥の(しかし、それほど不便な場所ではない!)素敵な駅と、「お祭り」と、過ごしやすかった夏の日。

 叡山電鉄の皆様、また関西のレゴトレイン関係の皆様、ありがとうございました。
 たくさんいらしてくださったお客様も。

 そして、今度の「えいでんまつり」も成功を願っております。
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
がんばります!!

ということで僕自身の出し物はほとんどないんですが(^^;
企画面でなんとかがんばれればなといろいろ考えています。

ちなみに一日700名弱、二日で1400名近くの来場者があり、展示自体は大きくありませんでしたが、とても多くの方に楽しんでいただきました。
個人的にはのんびりぼーっと雑談して過ごせるくらいの時間があるだろうと思っていたんですが、まったくそんな余裕がなかったくらい良い意味で予想を裏切られました。

えいでんまつりは一日だけですので、どれくらい来場者が伸びるのかわかりませんが、展示以外にもいくつか用意していますので、みなさんのお越しを心よりお待ちしております。
Posted by かう゛ぇ at 2015年10月01日 10:11
◆かう゛ぇ様
 レポ遅れて失礼します。でも記事にしてよかった!
 参加者数多かったですね。あの場所では「一番適切な」感じでは無かったでしょうか。あんまり多すぎだとまったり感ゆったり感もありませんしね。一方で閑古鳥論外ですし(笑)。心地よい「夏祭り」だったと思うのです。

 あと、主宰ありがとうございます。
 自分はJAMで働いてる分、今回は楽させていただいた次第です(笑)。

 さて。次はえいでんまつりですね。此方のほうが恒例として定着してもおりますゆえ、盛況になること予想されます。十分な備えされますように……。
Posted by sekiyama at 2015年10月04日 19:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック