何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2015年09月28日

【作品紹介】懸垂式モノレールの続報。カツマタ様3両編成 蛙様車体完成

 先に記事にしたタイミング良くなかったみたいで、アップデートが著しい!



 カツマタ式……というべき懸垂式モノレール。3両編成が可能であることが実証されています。PF-Mモーターは通常鉄道車両なら機関車+客車4両程度の編成は可能ですので、おそらく限界値はその辺では無いかと思われるのですが、さて……?

 編成が長くなると、「実用都市交通!」という感が強くなってきます。
 湘南モノレールは全編成が3両編成ですし、千葉モノレールも以前は2+2の4両編成を行っていました。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆




 蛙様の方も、連結運転と車体の実装を成功させています。
 前面側面とも未来的なデザインがインパクト十分! 特に側面意匠はかなり大胆な感じ。既存の何かに縛られちゃ勿体無いですね。

 2両編成が急カーブ(ナローカーブ程度と思われます)をクリアしていく様子は、このシステムの可能性将来性を感じさせるじゃありませんか。

 なお、連結運転によって前後方向の揺れ……ピッチングが抑えられてるのも注目でしょうか。



 大胆なデザインは大胆な機能をともなう。それを実装する……。付随車の方の側面はガルウイング開閉! モノレールはひだか氏による軌道へのアクションが既に多々実現されていますが、車体側にも「アクション」あって良いのかもしれません。PFなら1chが開いているのですし。



 参考までに動力系のアップ。縦置きのモーターは無駄の少ない配置です。ギア比は1:1ですので適度なスピードも期待できそう。肝心なバランス取りの様子も窺えましょう。軽量化は大事でしょうから(桁の強度的に)最小限のパーツ数でシンプルに抑えているのもわかります。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。