何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2015年09月07日

【イベント】32x32x32サイズでのレゴビルドコンテスト。エントリー9/17迄 作品9/25迄

 五十川様によりますと。


 とのことです。

 知られていないので「拡散希望」とのこと。
 締め切りも迫っています。

 公式ページはこちら

 主催は「公益財団法人竹中育英会」及び「公益財団法人ギャラリーエークワッド」
 後援は「NPO法人青少年科学技術振興会FIRST Japan」
 
 良い意味で、お堅い感じです。
 協力として「レゴ エデュケーションジャパン」が付く形。

 審査員も建築家・生物学者・藝大教授とお堅い。
 加えてレゴエデュケーションの方と三井さん。

 応募資格は国内在住の小学生以上(この書き方だと誤解されがちですが、大人も可能!です)。

 コンセプトは以下。
32×32×32 ポッチのCube−ブロックで作る空間−

レゴ社のレゴブロックは、『デンマーク語の“LEg GOdt(よく遊べ)” という言葉から生まれたと言います。
今回は、このレゴブロックを使った「空間」のアイディアを募集します。32×32×32 ポッチは約25センチの立方体の寸法です。そのCUBEの中にあなたが考える空間を創造してください。自由な発想を期待しています!
また、同じ課題に取り組んでいただくアーティストや専門家お招きし、作品を作っていただきます。あなたの頭脳と比べて何か違うか……それを感じることも、ぜひ楽しんでみてください!

 制限寸法有りのコンテストですが、「いつもの」と違うことに注目。
 まず、寸法が大きい! 建物ならカットではなく、フルを収めることもできるでしょう。
 そしてこの「トレイン」ブログ的に注目点は「なんと、鉄道車両はフルで収まる(32ポッチ以内なら!)」。いや公共交通の絡む「空間」云々って建前は必要になってきましょうが(笑)。
 無論、自由なアプローチがベストであるのは言うまでもありません。
(私感ですが、堅いもの[真面目な建築や彫塑、あるいは動作模型の類]じゃなきゃいけないってことは無いと思うのですが)
 
 エントリー期間は9月17日まで。あと10日!
 そして作品(写真。一次審査)の提出期限は9月25日(金 17時必着。郵送のみ)。

 時間がない……。でも土壇場で頑張っては見ませんか?

 一次審査作品を60作選び出し、二次審査は現物審査とのこと。
 重要なことですが、この60作は江東区のギャラリーで展示・公開されます。


 なお、賞品は「本当に」豪華です。
最優秀賞 1名 JTB旅行券30万円相当分
準優秀賞 1名 レゴマインドストーム
優秀賞  2名 レゴ ストーリースターター
審査員特別賞 5名(図書カード)

 無論、賞品目当てというよりは、伴う名誉のほうが大きいのは言うまでもなく。


 公式ページをよくご覧になったうえでの、エントリお待ちしております。
http://www.a-quad.jp/exhibition/compe.html

 最後に。この種の催しに参加し、盛り上がることは、レゴファンの地位向上に繋がります。
 それが一番大事なことでしょう。
 
posted by 関山 at 20:55| Comment(2) | TrackBack(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
応募要項に「応募資料」は返却しませんのところは少し気になりますが。
応募資料と作品別で解釈していいよな。
聞きたくても応募に関する問い合わせは受け付けませんとは。
Posted by pgy167 at 2015年09月08日 08:51
◆pgy167様
いくらなんでも作品返却なしということはないと思います。
応募資料は応募資料(書類や写真)でしょう。
Posted by sekiyama at 2015年09月08日 09:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック