何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2015年06月26日

【国内の作品紹介】エースくんの阪神5700系。最新青胴車。大胆さと伝統と。

 阪神5700系は今年から新造の最新「青胴車」。
 (マイナビニュース記事:阪神電気鉄道5700系、新型普通用車両を今夏導入! 外観・車内にブルーを配色

(写真は上記記事より)
 最新「赤胴車」1000系の流れを組む普通系車両。スタイルはさらに斬新に大胆に!
 3面折妻形状+貫通扉という、良い意味で伝統感じさせるスタイルはそのまま。そこに丸みと流動感を与えたスタイル。「やさしさ」がテーマとのことで最新型でありながら穏やかな印象。

 側面はドア部分の丸い塗り分けが大胆。でも悪趣味ではありません。ドアを目立たせる縦方向のデザインは各停用車両にはふさわしいでしょう。「丸み」で巧く統一してるといえば良いのでしょうか。

 阪神ブーム……の勢いが続くうちに。
 パーツの関係で1両のみの半ば試作の状態とのこと。しかし存在感が実に濃厚!

 前面はmazta-k氏の1000系同様の「3面折妻」表現です。エースくん作品では初めてのことで、技術の吸収速いなと……。仕様も統一されていますから、並べた時に整合性もとれていることでしょう。

 苦心されたと思うのは車体裾部。微妙な丸みの入った青いラインと縦長の標識灯。ここは5700系のデザイン上のキモでもあり。ここを横組で処理しています……折妻の角度ついている中でですよ? ここでも技の吸収を見せてくれてますね。
 
 側面は流石に丸みつけた表現は割愛されていますが、縦縞解釈でも十分5700系らしく見えるものです。

 正面。貫通扉はもう得意技の域か。件の車体裾横組部分は1プレートづつ削った寸法に。これが丸みというか流動感に繋がっています。やはり縦長標識灯の印象は強いですよね。
 大事なのはスカート。その形状がスマートかつ大柄であるので、角度などに気を使われたのが窺えます。


 さて。
 今でこそ阪神青胴車……「普通車」は4両固定編成ですが、1986年までは2+2の解結だったこともあり、短編成でも違和感は無さそう。何時か先の課題で構いませんので、もう1両があれば素敵と思うのでした。
 そうなれば、Mazta-k氏や薬師山氏の作品と並んでも引き立つことでしょう。

 また阪神電車。自分もなにか作りたい……と思う次第です。ゆっくりと長期課題ではありますが(苦笑)。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック