何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2015年06月24日

【作品紹介】エースくんのJR東日本E257系。あの塗り分け再現! そして「レゴらしさ」

 Flickrより。

 第一印象「お父さん、夏休みの宿題と同じで手伝っちゃだめでしょ!」
 いや、合作として見ても凄いのです。

 E257系電車は2001年登場のJR東日本の特急型で183系の置き換え用。中央東線「あずさ」「かいじ」や房総各線に投入されました。wikipedia
 その前の351系や255系に比べると「現実的」な仕様。但し、カジュアルな特急という思想は間違ってはおりますまい。願わくば特急料金もカジュアルにお願いしたいものですが(苦笑。昔の急行料金程度で。或いは私鉄の有料特急程度の「敷居」になりゃいいのになぁ)。

 営業施策への愚痴話はともかく、ジョイフルトレインを思わせる大胆な塗り分けは印象的なもの。勿論、レゴでの再現は「誰もが考えなかった」ものでしょう。


 それが実現・結実。
 側面の菱形の塗り分け。至極自然に文字通り「ブロック化」されて再現されている。違和感は皆無!
 横長の側窓は3x4パネル表現ですが、これは却って大きく快適そうに見える窓ですし、キュービカルな車体の印象を強めるアレンジでも有りましょう。E257の戯画的ディフォルメにも見えます。
 その辺りを統括していくと「レゴブロックらしい作品」という評にもなりえます。レゴらしさを極力排除していくモデリングとも違う、レゴならではの魅力を打ち出してるとも。

 基本編成を縮小した4両編成。一つだけ意見をつけるなら「半室グリーン車も欲しかったかな」ってこと(笑)。
 

 先頭車は非貫通と貫通型両方を再現。
 直線的な実物形状は一見再現しやすく見えますが、プレーンな形状は特徴個性も出しにくいもの。でも、この作品はすっきり感も個性も両立できています。
 非貫通・貫通でデザイン・構造的な整合性があるのが嬉しい。ライトのトランスミディアムブルーもいい味。
 貫通型の方は微妙に飛び出た貫通幌が精細。

 注目すべきは独得な下窄まり形状の運転台窓の表現。45度スロープ同士の組み合わせ。綺麗。
 また、前面の切れ上がっている部分からの連続性もデザインとして再現されています。この電車の「要点」を抑えてる!

 パーツ事情が許すならば、車体裾のステップは非貫通・貫通ともに意外と目立つ要素なので、表現されてるとよりベターでしょうか。


 先頭車。クハE256。モデルではこの車が動力車です。受光部は連結面設置。


 中間車。モハE256とモハE257でしょうか。ワンアームパンタはシンプルながらリアル。パンタ台が良い雰囲気。

 貫通型先頭車。クハE257 100番代。
 全車に共通しますが、菱形ワンポイントの効果も大きいです。


 編成でのインパクトは絶大。
 中央東線の仲間が他にいない……のはちと残念ですが、新宿イメージでMugen氏のSVO、Mazta-k氏のN'EXとの並びなども盛り上がりそうですね。JR東日本の特急車というのも意外と個性派揃いなのです。
 
posted by 関山 at 22:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一連の画像を見て、由利高原鉄道の YR-3001〜3003 あたりも、イけそうな気がしてきた。
Posted by FuJiaXis at 2015年06月25日 03:25
◆fujiaxis様
 由利高原鉄道の現行気動車。レゴ向けの配色! なんですね。驚きました。3両あって3両色違いも面白い。興味深い題材ですね。どなたかのチャレンジが待たれましょう。3セク気動車も個性があって面白いですし、最悪1両で成立するのもメリットと。
Posted by sekiyama at 2015年07月01日 15:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック