何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2015年05月25日

【作品紹介】mugen様のオハネ25 510番代(トワイラ) 客車モデルの極みか?

 トワイライトエクスプレスの合同制作。またもや凄いクオリティの登場です。
 


 題材はB寝台車オハネ25 510番代。2人用個室がずらりと並び車端にミニロビー。この車はB寝台車ではありますが、昔なら一等寝台車相当(或いは二等A寝台相当)の車ですよね?

 また、上下に並んだ寝台窓が特徴ですが、旧ヒンジ規格の板状のキャノピー(パーツ区分上)を使ってきますとは。ルックスでは最高。
 そしてちらりちらりと見えるインテリア。窓が大きめの解釈で透明度高い部品選んでますので、きっと見栄えすることでしょう。



 製作中の画像です。肝心の斜め窓が未実装ですが、雰囲気は伝わってきましょう。
 A個室とは違ったこの編成の「格」であり、これも編成で「核」になってくれそう。

 さて、ここまで凝った構造なのは外見の再現のためだけではありません。
 この車の寝台が枕木方向のですが、その再現まで。言うまでもなくこの作品は「6幅」ですよ!


 不可能への挑戦? いや、マジです。通路上部の空間を使うことで枕木方向に寝台設置を実現。
 上段寝台は窓側半分が折りたためるようになっており。この状態が座席モードとなります。左から3室目が該当。
 木質調のインテリアは2002年改装後のイメージで有り、狭いながらもこの種の列車に求められる重厚さを感じさせます。
 また、4室で定員4名の確保というのも嬉しい。飽く迄B寝台車なのである程度は定員がないとそれっぽくないじゃないですか。

 さて。自分の担当は同一の個室構造もつオハネ25 520番代なわけですが。
 この仕様に合わせるのか……こりゃ大変だ(笑)。もとい楽しみです。挑戦の甲斐があるってものです。
 
posted by 関山 at 22:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
紹介ありがとうございます。トワイライト企画、どの車両を作ろうか考えていましたが、担当者が決まっていなかった7号車を製作することにしました。
パネルパーツを多様して、髪形は選びますが(笑)フィグを寝台に枕木方向に乗せられるようにしました。上部窓はフィグの頭の干渉を回避するためヒンジキャノピーにしました。現物はまだ持っていないのでテストできないのが気がかりですが、LDDで試した限りでは大丈夫です。
結果的にですが寝台を枕木方向にした分、定員も確保できました。

寝台列車は作ってみたかったので、良い機会になりました。
寝台列車の内装製作の先人たる関山さんの車両も楽しみです。
Posted by Mugen at 2015年05月26日 21:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック