何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2015年05月07日

【作品紹介】柴様の名鉄7000系風電車はクラシックレゴ的?(CAD)

 Twitterより
 

 製作者曰く「リアルなパノラマカーと言うよりは自由形」とのことですが、このフォルムにディテールを見ると思わずあのミュージックホーンを口ずさみたくなります。それ位、雰囲気を抑えてる!

 全体としてパーツ数控えめに配慮されているのも寧ろ好感が持てましょうか。
 超絶ビルドも良いのですが(その意味では、同じ題材のTN-FACTORY様の作品が思い出されるところ)、レゴの製品、それも10000代ではない通常品のようなデザインは寧ろ新鮮。また、如何にも「作れそう・造ってみたい」という雰囲気も大事だと思うのです。

 言うまでもなく、クラシックレゴ的雰囲気にも満ちています。9vというか12vの足回りでも似合いそう……というのは冗談としても、バッファのついた欧州的連結器も似あってますね。
 それでも、名鉄に見えるこのバランス。


 フロントアイなしのバージョン。名鉄7000系も登場時はフロントアイ無なのでこれも良いのですが、先にフロントアイ有を観てしまうと、あったほうがよいと。全体にシンプルだからこそ小物は重要です。
 あと、デザインのキモになっている前面のウェッジプレートに前サボ風のタイル貼ったら更に盛り上がりそう。


 3両編成をイメージされているとのこと。この構成もクラシックレゴ的です。もう1両あるとフル編成4両口でもありますが(笑)。
 窓ガラスは前面キャノピーにトランスクリアが無いため、トランスライトブルーかトランスブラックが考えられましょうか? 前者と1960-70年代的雰囲気、後者だと1990年代以降なムードになりそう。どちらもこの電車の走ってきた時代と。

 なお口出ししておくと、先頭車は1ポッチ延長して、運転台の真下くらいに1本窓柱を追加してあげるとリアル感が高まりましょうか? 外梯子まで表現するとやりすぎかしら?


 インテリアも考慮。運転席の下にも座席があるのがミソです。ここは7000系の実用性の象徴のような部分ですね。
 Φ2レーダディッシュ使ったエアサス表現が面白いです。機能性能の表現・誇張として「有り」でしょう。

 柴様による実製作が楽しみでもありますし、分かりやすい設計ゆえにどなたかが再現・参考にされるのも楽しみです。2編成繋いだ8両で、片方が白帯なんて情景は楽しみじゃないですか。
 
posted by 関山 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック