何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2015年05月07日

【作品紹介】Mcmug様の京成3500形電車 通勤型! 3扉! 隙間なし!

 brickshelfより(なお元データ激重なので注意です。お願いですので[brickshelfの管理者や利用者的観点でも]、横幅1200ピクセルくらいに縮小の上アップお願いできないでしょうか。作品は良いので、その点が気になります)


 京成3500形は1972年から1982年までに製造された通勤型。京成初のステンレス車でした。
 1996年から大規模な更新が行われたものもある反面、原型のまま残ってる車もあり。

 作品は前面窓・側窓ともに大きな更新車の再現です。

 ひと目で京成のステンレス! と分かる前面。青と赤の配分が綺麗。角ばった雰囲気は3500更新車らしい。桟板で貫通路表現も分かりやすい。
 ただ、3500形更新車の特徴である窓の大きさは控えめ。前面窓を(貫通路部分除き)上下に1プレートづつ黒プレート1x2で拡大してあげると更新車らしくなるように見えるのですが。
 ただ、確実にすっきり感は損なわれましょうね(実物もどちらかと言うと「個性的な」顔ですし)。
 原型車のイメージも含めた現状も、京成通勤車の平均的表現として有りに思えます。
 
 角度つけたスカートはなかなかかっこよいです。シンプルながら効果的。
 無線アンテナも省パーツでらしく見える。


 側面中心に。こちらは言うことなしに3500形更新車です。トランスブラックの窓枠の印象と実車の黒サッシが最高のマッチング。
 3ドアでドア幅3。割付が私鉄3ドア車として理想的と云えましょう。ドア幅3なのに隙間なく横組プレート詰まっているのは7.5プレートの残0.5プレート分をブラケット(?)の薄板部で吸収しているからでしょう。

 小さめのクーラーは個数の省略がなく、全長を長くも見せています。
 床下機器はMGかエアタンクか?が円筒で再現され、メリハリになっています。真四角な箱だけじゃ楽しくないですよね。

 3500形更新車はまだ浅草線・京急線への乗り入れもある模様。
 いつか拙作の京急(時代合うのは2000形かな?)と並べてみたいものです。

posted by 関山 at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック