何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2015年04月22日

【作品紹介】Mazta-K様の「デジロ」完成! ICEの、或いは「昔のレゴ汽車」の傍らに。

 ドイツの一般型気動車、デジロ(642形)が完成だそうです。


(画像WIKIPEDIA[de]より)

 実物についてはこちらが詳しいですね「ドイツの車輌 DB BR 642 (236編成)」
 
 一般型なのに流線型の連接車。中間部は低床式というかなり気合の入った車両。
 地方における公共交通利用促す……という意志が感じられます。
 1999年登場といいますからもうそれなりに時間は経っているものの、古さは感じさせません。

 メーカー(ジーメンス)の「規格型」故、世界中で同型車が活躍している様です。

(……ただ、簡易車輌というニュアンスもあるようで、「路面電車的」な印象もあるのは事実ですが。かつてのレールバスの復活という評価もなされますかも? 客車列車からの置き換えだと、日本同様に「減車で詰込の新型嫌い!」とか云われてるかもしれません)

 なお、名作セットだったレゴ#7938(2010-2013)のモデルの一つ……でもあります。


 MAZTA-K様の作品。良い意味で、#7938由来? しかし連接車化で大きくイメージは異なります。
 格好良さと可愛さが同居しています。後者の印象が割と大事!
 低床部分の大きな窓はインパクト充分ですね。対して高床部分の窓が小さいので良い対比。
 横組のような特殊組がドア部分のみというのも潔い。

 台車は動力台車以外も軸穴車輪+動力台車用台車枠に統一されています。それが故に、連接台車もホイールベースをイタズラに伸ばさず実現している由です。
(#10233 TGVだと、連接台車のホイールベースがやや長すぎの問題が)

 642形の解釈としてもっと丸みを……という感想は出てこず(笑)、適度な「ブロック感」が、実物の規格型らしさの印象に繋がってもいます。実物のほうがレゴっぽい?


 前面はあの大型キャノピーの利用ですが、結構な親和性です。すっきり感では実物より上ですね。

 ただ、窓上に灰色部分が欲しい……それも昨今の1X2か2X2のカーブスロープで円やかに……と思うのは贅沢でしょうか? #7938は名作でこそありますが、2010年から今日までのパーツ進化の速度も凄いものが。
 
 連結器は実物通りに張り出す。これはこの車両の良き特徴です。複数編成製造が叶うと良いですね。
 流線型同士の連結って萌えるじゃありませんか。

◆◇◆◇◆◇◆

 
 この作品。ローカル輸送用の車輌として、ICE等の良い引き立て役にもなりそうです。
 前にも記しましたが、特急車ばかり……は物足りないですし。

 はたまた、蒸気機関車中心の世界に紛れ込んでも似合いそう。保存蒸機と現行気動車の対比みたいな世界観。これも羨ましい彼の地の日常ですよね。
 何より、この作品の「可愛さ」はかつての「レゴ汽車セット」4.5V/12V的なものとも親和性が高い。その上、PF動力ゆえに4.5V/12Vのレイアウトでも無理なく走れてしまう。いつかレトロレゴオンリーみたいな催し考えたとしても、このデジロはOKみたいな流れにもなるんじゃないでしょうか。
 
posted by 関山 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック