何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2015年04月15日

【作品紹介】Mugen様の「オーシャンアロー」283系、前頭部試作。アズールの時代到来か?

 JR西日本の283系は1996年に投入された紀勢本線方面向けの特急電車。

 以後の増備車が汎用車287系になってしまったため、少数派の孤立形式になってしまいました。製造はバブル後ではありますが、どこかバブルカー……という雰囲気があり、それは魅力にもなっていましょうか。


 画像はWikipediaより。



 前頭部の試作画像をいただきましたので紹介です。

 左が流線型のクロ、右が貫通型のクハ。

 流線型の方ですが、あの「イルカ型」をよくぞ再現したものです。ヘッドライトはいわゆる「ニクル目(ニクル爪)」タイルで巧く取り付け部分を隠しています。
 前面窓部分は独自表現へのこだわり! 2X2X4のキャノピーという、ある意味もっとも平凡で大昔からある部品でこんな効果が出せますとは。
 斜めに固定。上下をポチスロで埋まる。上下とも美しくラインが流れる。特に下は生物的な有機性が「四角と三角の部品のみ」で作られているのが驚異でもあります。
(無論、おでこやスカート部分のカーブスロープの丸みが全体を円やかに見せているのも大きいでしょう)

 貫通型も魅力的です。
 車体腰部を2X2のカーブスロープで絞込み、青い部分は5幅に。ここで5幅を使うって発想がすごい。
 そして丸プレート(いや、穴あきのΦ2タイルか?)による車体裾で流動感を強調する。斜めのタン色ジャンパプレート。現地点ではスカート未実装ですが、スカートが更に引き立てることでしょう。
 前面窓はポチスロですが、やはり丸みが感じられるものです。おでこの処理も秀逸。
 ヘッドライトはこのままでもよさそうですが、個人的にはΦの丸タイル貼ると雰囲気がでそうに思いますが如何に? 

 さて。
 青い部分は「ダークアズール」。一昔前ではトレインに使うなんてあり得なかった色ですが、今はそこそこ供給も良い色に育ってしまいました。

 それでも、この色でできた列車はインパクト絶大でしょう。実現が楽しみです。


 もう一つ。E7/W7の進捗画像。
 キャノピー部分をスピードチャンピオン由来の新型に交換。円やかに、スマートに。
 この部品は想像以上にトレインとの相性が良いですね。縦に使うのも有りでしょうし(いや公式が路面電車で仕掛けてますが)

 先にsauseiji氏作品が落成し、またそれ以前からRyokuchakuma氏作品もありますが、ドア部分の斜めラインや台車部分のスカートなどMugen作品の独自の魅力もまた多い。やはり楽しみなのです。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
紹介ありがとうございます。251系も完成出来たので西の方の観光列車も作ってみたく思い、前頭部だけですが283系の試作をしてみました。

流線型の方の前面窓は他の題材で試作していたものを流用しました。この方式は応用が効きそうです。横から見た上部の窓との境の斜めラインも再現できました。隙間も巧い事埋まりました(笑)。
イルカ顔もカラーリングとの兼ね合いもありましたがそれらしく出来たと思います。
貫通型もアズールパーツとの兼ね合いから5幅等交えて丸みを出しました。車体下部はタン色ヒンジと旧型丸タイルとの組み合わせで、苦肉の策な所もありましたが、絞り込み感が表現出来ました。
283系の鮮やかな青系の色はアズールが似合うと思います。この色はフレンズ登場時に使われ始めた比較的新しい色なので、完成出来れば眼を惹きそうですね。

E7/W7系に使ったキャノピーはスピードチャンピオンの公表がされた頃から使えそうに思っていましたが、予想以上の効果が出てくれました。今まで無かった良い具合の円やかさのあるキャノピーはトレインとの相性バッチリですね。
E7/W7はJAMには間に合わせたい所です。
Posted by Mugen at 2015年04月21日 18:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック